2014年2月17日月曜日

夢は作家です

オリンピック観戦しながら、自分の努力や夢を振り返りたくなります。案外、誰もがそうなんではないでしょうか。画面越しで見るオリンピック選手は、輝いています。でも、その過程となる辛さや苦しみ、重圧はわかりにくいものですよね。

僕自身、作家に憧れて、独学で書き始めてから、その講座にも参加してきました。とにかく書け、と先生に教わりながら、受講中は毎月のペースで短編小説を書いていたんです。2年間の受講を終えてからは、さぼってしまったのが現状です。一日のうちに、創作で使う時間はほとんどありません。まったく考えない日もあります。それじゃあ、作家になれるわけがないのだと思うのです。

なかなか時間を作れないという事情もあります。けれど、一日に1時間は作っていきたいですね。例えば、このブログを書くのに、約30分費やしています。この時間を創作にあてていきたいと思うのです。いつしかブログを書くことを使命としてきましたが、しばらく休息をとろうかなとね。ブログを書き続けられたという心の御守りができたんですから、次の高見を目指していきます。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。ブログの書くペースを下げていきたいです。オリンピック選手の姿を観て、心が動かない奴にはなりたくないですね。

2014年2月16日日曜日

ラストラン

9年間乗ってきたクルマを買い替えることになりました。いやー、長い間でらお世話になりましたね。まだまだ走れるると思うのですが、ここらでチェンジしようと決めたんですねー。車検も間近だったもので。

ステップワゴンなんですが、いいクルマでした。特に荷物を多く積めるのがとっても重宝しました。人だって8人も乗れるのです。振り返れば、あまり手入れをしなかったように思います。洗車すらまめにやらなかったなあ。粗末に扱った訳ではありません。愛着が普通だったのだと思うのです。一番の思い出は、やっぱり海へサーフィンに行ったことでしょうか。ロングボードをクルマに積んで、朝早くから片道2時間を走っていくのです。ステップワゴンは海が似合っていましたね。

今夜の仕事帰りの運転がラストランとなりました。大きな故障も無く、事故も無く、ほんといいクルマでした。今後は、廃車になるのか、誰かの手に渡るのかは、知り合いの自動車屋の判断となりますが、胸をはって送り出したいです。物にも命がありますから。ありがとー!

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。次のクルマは、10年乗る計画です。

2014年2月14日金曜日

雪の降る日

先週に続いて、ここ愛知県尾張地方にも雪が降り、積もりました。今日は一日中、冷え込んで、寒かったですね。もうすぐ春のはずだけれど、こう雪を見る機会があると、まだ先なのかなと思います。

雪に慣れていないので、クルマの設備でスタッドレスやチェーンを用意していません。そのため、クルマで出かけるのをやめてバスを利用したんです。クルマで行けなくもないとは考えたのですが、安全を優先させました。この車社会に、バスを利用する人はそんなにいないと刷り込まれているかもしれませんが、バスを利用する方って、多いんですよね。高齢者も入れば、若い女の子、学生さん、バスに乗り馴れている感さえありました。そうなると、僕みたいな一見さんは、緊張した面持ちになります。はい。

バスに揺れながら思ったのは、時間が有効に使えるなとね。バスに乗っている間の時間に、本を読んだり、考え事したり、仕事したりできます。普段は、クルマを飛ばして移動しているので、その代わりにバスを利用すると、もっと時間を有効活用できるなと思ったのです。ネックは、バスの運賃で、主要駅までの往復で860円。ガソリン代と駐車料金を計算してみると、ほぼ同額です。バス路線の本数が少ないので、待ち時間を差し引くと、クルマでもバスでも時間を有効に使えているのかもしれません。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。気付けば、オリンピック観戦がまったくできていません。結局、日常生活が大切なのです。

2014年2月13日木曜日

イベント会場で旧友と会う

昨日に続いて一宮市体育館で開催された「ジャパン•ヤーン•フェア」へ取材に出かけました。主に、学生によるテキスタイルのプレゼンテーションを聞きにいったんです。さすがに二日目だったので、取材ソースは少なかったけれど、うれしい偶然もありました。

なんと高校時代の友人に会ったのです。それは本当に偶然でした。僕は、出展している知人に声をかけてから帰ろうと思ったのです。で、そのブースへ行ってみると、友人が少し向こうから歩いてくるのです。なんか似てるなあと思いながらも、僕はその友人ではなく、知人に声をかけて挨拶しました。でも意識だけはすぐ近くを通ることになるであろう友人に向けていたんですね。そしたら、こっちを見ているじゃありませんか。やっぱり、しっている友人でした。すぐに声をかけられずにごめんなさい。

昔話に花が咲く、というのは今日みたいなことを言うのだと確信しました。懐かしい話で時間が流れるっていいものですね。それにしても、体はこそばゆかったですね。もちろん、照れくささもあります。お互いに社長という立場で語り合えたのもうれしいです。高校時代とは違うんですからね。今日一番の収穫でした。取材で動き回った結果に、旧友と巡り会えるなんて、何だか励みになります。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。社会から目をそらしちゃあいけないなあ、と感じます。頑張っている人がいるから、社会は回っているのです。

2014年2月12日水曜日

見てきたぞジャパン•ヤーン•フェア

愛知県一宮市でただいまジャパン•ヤーン•フェアが開催中です。それは日本国内唯一の糸や布の展示会なんです。地元開催のため、取材も兼ねて見てきました。業界向けのイベントではありますが、あまりよく知らなかったのも事実です。もちろん、初めて行きました。

いざ着いてみると、業界関係者で溢れていました。いちおう一般の方も入場できますが、平日ということもありさほどいなかったように感じます。業界の皆様にとっては、ビジネスチャンスの機会かもしれませんが、一般人にとってはあまり魅力的に映らないですね。ただ、地元の産業の底力を間近で見ることが出来るので、その点は楽しめました。

世界的に有名なファッションメーカーだって、糸や布を使います。その素材を商材としているんだから、縁の下の力持ち的な産業と言えそうです。衰退している報告がありますが、世界中に衣類が溢れているんだから、需要は減ってしまうのではないか。糸や布をまったく違った使い方を探してみるのも面白そうです。ちょっと考えてみようかな。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。ジャパン•ヤーン•フェアは、14日金曜まで開催。その業界への就職を考えている学生さんは、ぜい行くべきですね。僕はごっそりもらってきた資料を読み漁ります。

2014年2月11日火曜日

本当のところ

冷えますね。コタツに入って、このブログを書いていますが、手がかじかんでしまい、タイピングがとても大変な状態です。春はもうすぐそこまで来ているのかな。出来れば、ほんの少しでも早く来てほしいですね。

作家になるのを目指して、小説を書いています。毎日でも書かなければ、とても作家になれるわけが無いと思っています。でも、中々そう毎日書けていないのが現実でもあります。書いていた方が、きっと本物の作家になっているのだと思うのです。毎日書けない理由は、いくらでもあげられます。じゃあ本当のところ、自分は作家になりたいのだろうかと、本気度を疑いたくもなります。なりますとも、作家にね。

少し前までは小説を書く講座に通っていて、毎月、短編小説を書いていました。巧い下手は別として。その頃に比べると、書く量は格段に減っています。それでも、作家になるためにはどうしたらいいのかな。だったら、構想を練る時間をもつ、好きな作家の本を読む、などがあげられそうです。でも、書かなければ作家になれないですからねー。書いた分だけ、やっぱりうまくなっていると実感できていますから、書くしか無いのです。教えてもらっていた先生からは、書け書け、書け書け、言われていました。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。このブログを書くことだって、作家への道のひとつだと思うのです。

2014年2月10日月曜日

大人ができること

今度、学生のファッションコンテストがあるので、そのリハーサルに伺いました。当日に撮影するため、下打ち合わせを兼ねての現場見学です。そんなに大きなイベントではないからか、さほど緊張感は無く、誰もがのんびりしていましたね。

でも、舞台に登場する学生モデルは、そんなこと言ってられません。自分で作った衣装を身に着けて、モデル歩きを音楽に合わせてしないと行けない訳ですから。それに、大人からの要望で、ポーズも考えないと行けない状態です。みんなそれぞれが個性的に取り組んでいたのが印象的でしたね。大人としては、何だか楽しそうだなと感じました。

気になったのが、ひとりだけ、どうも物静かな子がいたんです。舞台に上がって歩いても、そこだけが静止画のように静かに流れていくのです。ずーと下を向いて歩いているから、大人に怒られていました。ちょっぴり猫背で、すーすーと歩く姿は、どうにも元気だって感じられません。そんな子に、大人は何と声をかけてあげるべきなのか。思うに、見守るのが一番良いのではないのか。だって、周りに同年代の子たちがいるわけですから。きっと、即席モデルの仲間内で、盛り上げ策が見つかると思うのです。がんばれ。ファッションコンテストに応募したことが、その子とってもうすでに成長した証となっているはずです。本番が楽しみですねー。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。大人になってから、学生の内にもっといろんなことをやっておけば良かったと後悔です。はあー。

2014年2月9日日曜日

都知事選に思うこと

舛添候補が当選確実。都民の皆さんは、新しい知事をそう選んだ結果となりました。知事不在が続くのは都政にとって良くないはずですので、早急に舵取りを進めていただきたいと感じます。

今回の都知事選、脱原発を政策に掲げた候補者が出てきてから、それが争点になる気配があったことは確かだと思うのです。でも、この結果を見て、NHKの速報を見る限り、どうやら、脱原発は次点だったと読み取れます。都民が重視したのは、経済雇用、子育て、教育、福祉だったんですね。心情からするとそうだよな、と。生活の上で、足下の問題をなおざりにできないですから。

そうすると、脱原発というエネルギー問題においては、舛添候補が掲げた、段階的に依存度を減らす、というのが理にかなっていると言えそうです。東京だって、やらなければいけないことはわかりきっています。政治ってこういうことだよ、というのを見てみたいですね。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。それにしても、当選確実とする報道は早いんですね。出口調査である程度わかるかもしれませんが、開票が終わる前に、決まってしまうんですね。


2014年2月8日土曜日

雪の週末

雪が降りました。大雪で生活に支障を来す地域もありますが、愛知県一宮市ではそんなに雪が降らないため、たまに降る雪をうれしそうに見上げてしまうものです。でも、今朝に限っては、出かける用事があったために、雪を歓迎する訳には行きませんでした。受験生も大変だったと思います。

で、クルマを駆り出そうとしてもタイヤに不安があり、さらに代車だったために使用を断念。バスを利用して移動しようと決めたんです。半年ぶりくらいのバス乗車。改めて便利だなと感心しましたね。目的地あたりまで運んでくれる訳ですから。バスを必要としている方がいるんですよね。クルマ社会といえども、バスがもっと利用されてもいいかな。平日はバス利用で、休日だけは愛車に乗るとか。

イベントの広告などに、公共交通機関をご利用ください、と書いてあります。でも、バスや電車を利用せずに、クルマでいく方が多いですよね。自動車メーカーは、そんな状況をどう捉えているのか、一度伺ってみたいものです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。僕は、なるべくクルマを出すこと無く、移動は自転車です。さすがに雪の中、自転車をこいでいくには体が辛かったですね。なんにしても、移動手段はいくつかあった方がいいな、ということを雪の空を見上げながら思うのでした。明の朝は、積もった雪が凍りそうですね。

お酒のチカラ

お酒には良い面も悪い面もあると思うのです。このブログで悪い面をつらつらと書くつもりは無くて。その良い面をちょっと考えてみました。今夜、久しぶりに仲間と一緒に飲んだことがきっかけです。

一番の良い面は、やっぱり酔った勢いで話せる、ということではないでしょうか。自分の思っていることを何とか伝えたいけれど、なかなかうまく伝えられないし、そのきっかけがない、という場合があると思うのです。そんな時、お酒が入ったことで話し出せるかもしれないのです。気持ちの中で、化学反応がおこる感覚でしょうか。スイッチが入るのですねー。ここだけの話、という秘密めいた話題になります。

酔った勢いを借りたい場面も人生で多々あるかもしれません。男性が女性にプロポーズする、新規顧客に営業を掛ける、大事にプレゼンの企画書を仕上げるなど、もしかしたら、お酒のチカラを借りることでうまく行くのかもしれません。もちろん、世間体としてはよく見られないのかもしれませんが、うまくいくのだったら必要なのではないでしょうか。お酒のせいにするのは全くの問題外ですけどねー。ふむ。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。お酒とは、ほとほどの付き合いがいいですね。おいしくお酒が飲めるって、大人の最高の嗜好です。よーし、今夜は飲むぞ!といって、仲間と飲めることって、それだけで幸せだと思うのです。

2014年2月6日木曜日

きっかけを振り返る

冷え込む日が続きます。手袋なしでは外を歩けないくらい、寒いですね。愛知県一宮市では、雪が降らないけれど、冷たい伊吹おろしが吹き荒れた一日でした。明日も引き続き冷え込みそうで、土曜には雨の予報です。

何かを始めるときは、そのきっかけを大切にしたいと思っています。読書の楽しさを知ったから自分でも書いてみようと思った、カズ選手に憧れてサッカー選手になろうと思った、あのときに優しくしてくれたから好きになった、自分の力で挑戦したいから独立したなどなど。振り返れば必ずきっかけや動機はあるものだと思うのです。うん。

そして、もうひとつ大切にしたいのが、どこを目指すかです。直木賞をとる、日本代表の10番を付ける、結婚して家庭を築く、海外に支店を出すなどなど。これらは夢や目標ですね。出発点と終点が決まれば、あとはその道程で足りないことをやっていけばいいんです。人は、わからないことの正体が分かると、強いですよねー。それでも結局何もやらない人が多いから、やった人が活躍していくのです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。何かをしなければと思い、ついつい先だけを見定めて焦っても中々ダメだと感じます。あれ、どうして始めようと思ったんだろう、と自分に問いかけていきたいですねー。

SNSに嫉妬

今日は冷え込みましたね。愛知県尾張地方でも、ほんのちょっぴり雪が降るほど、冷え込みました。この寒さを乗り越えれば、春が来ます。そう思うだけで心が温まります。

ふとなんですが、ツイッターやフェイスブック、ブログなどのSNSに嫉妬していた原因が分かりました。誰もが自分を広く広告でき、メッセージを送れる時代となっています。広告屋として、SNSに仕事をとられている訳なんですねー。はい。原稿やデザインを作り、媒体にのせて商品やサービスを発信するのが広告です。それを、誰もが自分ひとりでできちゃうんですね。出番が減る訳です。

情報の発信者としてはそれで充分なんですね。たまに書き方のご相談を受けますが、アドバイスしたところで、その人らしさが無くなり、SNSの魅力や効果も無くなってしまうのではないでしょうか。広告屋が目指すところは、SNS以上のメディアづくりだと感じています。切り口の異なるメディアを作っていきたいですね。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。もっと大切なことは、SNSで何を発信するかということでしょう。天気の話、昼ご飯に何を食べたかという話よりも、俺の作品を見てくれ、という使い方が刺激的です。

2014年2月4日火曜日

どうなる大須演芸場

渦中まっただ中の大須演芸場。馴染みの無い方も多いと思われますが、東海圏屈指の寄席なんです。歴史は古く、約半世紀が過ぎています。ここら辺の地域では、連日報道されていることなんですが、昔は大物芸人が舞台に立ったとか、活気があったとか。で、いよいよ閉館するぞとなれば、こぞって人が押し寄せたという流れです。くしくも、閉館、が話題となり、注目された事態です。

家賃を払わなくても良いと思っていた、という経営者の発言があり、これはどうかと不思議な気持ちを抱きました。家主にとっては痛手以上の何者でもなく、強制退去は自然な流れだと思うのです。固定資産税や保険を払っている訳ですからね。さっき、ヤフーニュースを見たら、県下では有名な院長が救済に名乗りをあげたとか。大須地区は、どんどん風情が無くなり、駐車場になっている現状です。大須演芸場の復活が、転換期になればとも思います。

10年ほど昔、その大須演芸場の近くに住んでいたんです。3年住んでいましたが、残念ながら一度も賑やかだった風景を見ていません。もちろん、僕が不規則な生活を送っていたのも原因かもしれませんが、大須演芸場から、文化芸術の匂い、風格や風情をあまり感じなかったですね。何か演芸場があるね、という印象です。一番の問題は、汚れていたことでしょうか。清掃が行き届いていないということです。親が見に行ったときも、そんなことをこぼしていた気がします。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。お金だけで解決する問題ではありませんよね。お客様、演者、経営者の足並みが揃うことが大切ではないでしょうか。これが難しそう。だったら、閉館。それもひとつの歴史のようにも感じます。

2014年2月3日月曜日

ぐんぐん無くなるスマホの充電

デジカメが壊れてしまってからというもの、スマホのカメラ機能で代用しています。スマホ1台で用が足りるために、スマホとデジカメを持っていかなければいけないというかさばり感はなくなりました。でも問題があります。

充電の減りがでら早い、ことです。たぶん、誰もがうんうんとうなづくと予想されます。例えば、3時間くらい、あるイベントを撮っているとします。ざっと50枚くらい撮るとします。すると、だいたい充電が半分ほどあっという間に無くなります。はあー。ずいぶんと電気を使うんですよねー。

スマホは元来、電話機能を主に使いたいと僕は思っています。なので、いざ電話しようとするときに充電がピンチだと、スマホを持つ価値が無くなってしまうのです。はい。だから、なんとかしなければと。その解決策はとても簡単で、新しくデジカメを購入すればいいのです。一眼レフカメラを欲しいけれど、鞄に入れて持ち運びしやすい薄型でも充分かなと思っています。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。デジカメを持っていると、とりあえず色々撮ってしまいます。すると、もっと良い写真を撮りたい、という欲が出るんですよねー。

2014年2月2日日曜日

マラソン大会は盛況

新春に、いちのみやタワーパークマラソンに参加したこともあって、マラソン熱が急上昇中です。なので、今年の目標で、全国のマラソン大会への参加を掲げています。

ネットで検索してみると、マラソン大会の多さに驚きます。ぽつぽつやっているんだろうなと思っていたら全く違い、自分の想像力の無さに唖然とします。例えば、今年の4月開催のマラソン大会を検索してみると、何と120件ほどヒットしてくるのです。ひえー。驚きです。特に東京開催が多いのも驚きですね。まあ、それだけランナーが多いのだろうと予想がつきます。

山や川、桜の名所など、自然がきれいな自治体が開催するのは納得ですね。マラソン大会を開催するだけでも、大きな広告効果と経済効果が見込めますから。広告づくりに携わっている身としては、マラソン大会以上の素敵なイベント企画がすぐに思いつきません…。ぐふっ。だったら、マラソン大会に参加することで、良い企画案を捻り出していきたいと思うのです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます!高知県の四万十川マラソンとか行きたいけれど、まずは近場で経験値を積んでいきたいです。マラソン後の帰途が大変ですからね。

2014年2月1日土曜日

忙しいときこそ冷静に

インド人(ネパール人かも)が切り盛りされているカレーナンのお店で、今日のランチをとったんです。お店に入ってみると、けっこう繁盛していてほぼ満席。あまり時間もなかったので、どうしようかなと立ちすくんでいたら、店員さんがどうぞどうぞと手招きしてくれるのでカウンターに腰を下ろしたんです。

で、しばらく注文をとりにくるのを待っていても、それでもなかなか来ませんでした。ホールにひとりと、厨房にひとりの二人体制でやっていたんですが、その二人とも慌ただしく動いていて、そのために僕の注文すらとりに来れない状態でした。時間もないので、食べずに帰ろうかなと思いましたが、せっかく異国の地で頑張っているんだから、もう少し待ってみようとね、思ったんですよ。

もうひとつ待った理由としては、忙しいのにも関わらず、二人が注文内容をしっかりと確認し合いながら作業していたのに信頼が持てましたしね。それにお客さんから呼ばれればすぐに対応する姿勢。ちょっとしたクレームがそんな最中でもありましたが、ちゃんと誤ってフォローされていたんです。かなりできる二人だなと感じましたね。もちろん、料理はでらうまかったですよー。

今日も僕のブログにおこしくださりありがとうございます。慌てない慌てない、の一休さんのお言葉が身にしみます。