2013年6月30日日曜日

今年の夏こそは

梅雨のはずだけれど、既に夏モードなのは僕だけでしょうか。6月も今日で終わり。明日から7月に入ります。今年の夏も暑くなるのでしょうか。

少し前だと、海に行き、サーフィンなるスポーツを楽しむのが僕の夏でした。でも、ここ2年くらいは全く海にいってません。いく機会は何度もあったと思うのですが、億劫になっていました。これは一種の老化なのかなと。さみしいけれど。確かに体力は少し落ちたなと感じています。省エネで楽しめる遊びを好むようになったのでしょうね。

でもそれだと何とも味気ない人生だとも思うのです。少しくらい若さを取り戻して、今年の夏を楽しみたいです。子どもと遊ぶ時間を増やす、友達と久し振りに無茶してみる、好きな人の前ではしゃいでみる、いろいろできそうです。今年の夏はいいことばかりだった
、と言えますように。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。みなさんは、どんな夏にされますか。

選挙のお知らせが届きました

東海地方の梅雨って、もう終わったのかな。そう感じる程、夏の陽気な週末の土曜日でした。街中を彩るのは、カラフルなファッションだなと思います。

さて、参議院愛知県選出議員選挙のお知らせが手元に届きました。ああ、始まるんだなと思いましたね。駅前では、街宣車による演説がすでに行なわれていました。ただうるさいだけでしたけど。愛知県は激戦のようですが、まだ何も決めていません。ノープランです。これから、公約をじっくり見ていきたいです。

今回の選挙戦から、事実上、インターネット選挙が解禁となります。どうなるんだろう。ネット上では、意見が飛び交いそうだけれど、じゃあ実際に投票するのかなとも感じます。ただ単に意見を言うだけで終わる人が多いのではないか。政治家こそ、どんどん行動して欲しいものです。肌感覚が大切にして、有権者に正面切って発言する人が求められているはずです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。政策ありきじゃないと、ネット戦略だって難しいですよねー。

2013年6月29日土曜日

名古屋の夜は元気です

飲み会の幹事を引き受けることが多いです。たまたまかもしれないし、積極的かもしれないし、やる人がいなかっただけかもしれません。どうだろう、今までで一体何回しきって来たのか数えることができません。

やっぱり飲み会は幹事ありきだと思うのです。悪者になっても良いし、チャラ男になっても良いと思うのです。多少でも無理すべきだと僕は思っています。飲み会が盛り上がれば幹事の手柄だし、盛り下がれば幹事の責任です。何をやっても幹事が面倒を見なければいけないのですねー。

自分のためではなくて、参加者のためにやっています。これは正直なところです。自分のためにやってしまうと、どうもうまくいかないのが現実です。ふふ。誰もが多少のお酒で饒舌となり、楽しんでくれるんだから幹事としても面白いのです。幹事ができる人が少なくなって来ているようで、ますます僕の出番が増えそうです。腕を振るっていきたいと思います。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。週末の金曜日は大勢の酔っぱらいで溢れていました。幸せですよね。飲みに行くこと以外でも、笑顔が溢れることを生み出していきたいです。

2013年6月27日木曜日

リピートにつながるもてなし

暑中見舞い葉書を書いています。恥ずかしながら、その葉書を出すことは人生で初めてのことなんです。ネット印刷で葉書を用意して、ひたすら宛名を手書きで書いて、メッセージを添えています。

で、切手を買わなければと思い、郵便局へ行きました。ついでにネット料金の支払いも済ませてしまおうとしたのです。そしたら、結構な混雑ぶりで、すぐ隣りにあるコンビニに以降かなと考えました。まあ、せっかく来たんだからとここは番号札をもらって待つことにしました。

どうだろう10分くらい待ってから、番号が呼ばれて、無事に支払いを済ませました。やれやれと思っていたら、行員が宣伝用としてポケットティッシュを差し出してくれました。わお、ラッキー。これが顧客サービスで、次回の来店につながるんですよねー。もしコンビニで済ませていたら、このティッシュはもらえなかったのです。ほんのちょっとした販売促進が、できていないところが多いように感じます。どうして客が来ないんだろう、となったら、案外その原因は内にあるものだと思います。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます!郵便局内に防犯用としてカラーボールが設置してあります。万が一の時、そのカラーボールはきちんと役目を果たすのかなと余計なことを考えちゃいました。コントロールが良くないといけませんよね。

2013年6月26日水曜日

日本人なら日本語

今日の中日新聞に「外国語の多用で精神的苦痛を受けたとして、NHKを提訴」という記事を読みました。訴えた方は、日本語を守る会を世話している高齢の男性でした。なるほど、カタカナ言葉を空気のように受け入れている世代としては、考えさせられる内容だと感じました。

僕自身も日本語が好きで、言葉に携わることが大好きなんです。英語を子どもたちに覚えてもらおうとする教育姿勢は否定的です。世界に目を向けていくのならばこそ、日本語をきちんと身につけるべきだと思うのです。外国人にとっては、日本語に興味があるはずですよね。

ネットが発達してキーボードで打ち出した日本語でのコミュニケーションが多くなっています。でも、日本がおかしい人っていますよね。てにをは、の使い方が重複していたり、句読点を付けなかったり…。普遍的な日本語を身に付けてこそ、思考が整理されて、新しいアイデアが沸き、コミュニケーションが円滑になると思います。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。その訴訟の判決が気になりますね。NHKはコメントできないという姿勢でした。

地産地消の可能性

学校の給食センターへ出荷するために、とれたてのタマネギをきれいにしました。農業仲間と一緒に車座になって、ひとつひとつタマネギを剥いていったのです。タマネギの色って本当にきれいなんですよね。

でも、野菜は売れないのです。地産地消で売れると思っているけれど、売れません。売れないというのは高く売れないということです。タマネギは1個だと売りにくいので、3つくらいをセットで売るのがやっとです。もちろん、見かけが綺麗じゃないと売れません。どこまでもおぼっちゃまなんですよね。

スーパーで売っているのは、輸入品が多いです。自然農法で育てた野菜は少ないのかもしれません。農業で食っていくためには、大量生産が条件です。狭い土地柄のため限られてしまう面が多いし、世話する時間を考えると大変な面も多いのです。それでも、食はこれからも大切なことに違いはありません。もっと野菜を育てる現場を誰もが知るべきだと思うのです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。農業がもっと注目される社会が望ましいはずです。経済成長に胡座をかいていては行けないのです。

2013年6月24日月曜日

コンプレックスが注目される

誰にでもひとつやふたつのコンプレックスを持っていると思います。もしかしたら、そんなものとは無縁という方もいるでしょう。僕もいくつかありますね。声が低い、肌が白い、ガツガツいけないなど、まあ色々と出てきそうです。悲しいけれど。

そんな中、ぽっちゃりさんが注目されていると雑誌「アエラ」で知りました。へえー。少し大きめサイズのオシャレ着が出て来ているようです。なるほど、そのラインはあまり無かったけれど、需要が多かったんですねー。ぽっちゃりさんだってオシャレしたいですよ。ぽっちゃりというコンプレックスが、見られ方を巧みに変えながら社会に浸透していったんだろうと思うのです。当然、その道は苦難だったに違いありません。

これからはそういうコンプレックスに焦点が当たり、コンプレックスを吹き飛ばそうという商品やサービスが受け入れられると感じます。ハゲだから、少ししょうがいを持っているから、という断念理由が減らせる社会になっていくといいな。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。昔、コンプレックスとうバンドが出て来た時、でら刺激を受けました。ああ、コンプレックスって、もっと声を大にして言うべきなんだとね。

子どもから元気をもらう

梅雨の季節。束の間の青空のもと、姪と甥と一緒に公園へいきました。だいたい遊ぶときは、公園へ行こう、となるんですね。家の中にいるよりは、外で元気に駆け回ってくれる方がよっぽどうれしいものです。

子どもたちが遊具ではしゃいでいる時、ふと広場を見てみると、男の子たちが10人くらい集まってサッカーをやっていました。微笑ましい光景です。僕自身も学生時代はサッカーに興じていたので懐かしさもありました。メッシ、メッシと言いながら、フェイントをかけていたのは笑えましたね。

何よりもサッカーで遊べる仲間が近くにいることって良いなあと思いました。サッカーチームとかフットサルチームとかに入ってやっていた時期もあったけれど、知らない内にその機会もなくなりました。これは大人の事情かな。時間が取れない、人生の変わり目など理由はいくらでも挙げられそうです。あの子たちも、中学生、高校生となっていく内に、仲間も変わっていくのでしょう。それは、寂しいことかもしれないけれど、成長していくってことだと思うのです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。大人に元気が無くても、子どもたちは元気です。大人が子どもから元気をもらってもいいですよねー。うん。

2013年6月22日土曜日

ボランティアの正体とは

久し振りに青空が広がりました。今日ばかりは羽を伸ばした人が多かったのではないでしょうか。僕自身もそうですね。

さて、このブログでも何度も書いていますが、僕はボランティア活動に取り組んでいます。人生において結構な割合を占めているかもしれません。たぶん、肌にあっているのだろうと思っています。でも、ボランティアの正体は未だに良くわかっていません。実際に活動していてもそうなんですね。もしかしたら、ボランティアとはそういうものかもしれないなと感じています。

おぼろげながらもボランティアの輪郭を掴んでいるとするのならば、こう考えています。人生において、ひとりで過ごすときや家族と過ごす「プライベート」があり、生活費を稼ぐ「仕事」があります。もうひとつの世界が「ボランティア」なんですよねー。つまり、三つの円がそれぞれに出来上がり、その三つが重なりあっているのだと思うのです。

よくドラマなんかでこんな台詞がありますよね。「私と仕事のどっちが大切なの」と。それが「私と仕事とボランティアのどれが大切なの」というのが、今でしょ!

今日も僕のブログに来てくださってありがとうございます。ボランティアが盛り上がってくると、お金がなくても社会は回っていくのではないのかなと妄想しています。

2013年6月21日金曜日

ホームページの制作料

いや〜参りました。仕事の主力商品のひとつに、ホームページ制作があります。ありがたいことにいくつか案件をもらって、作らせてもらいました。実績ができる度に、知識と経験が積み重なるので、次の売り込みにもどんどんつながっていきます。

で、先日、知人の紹介でホームページを作って欲しいというご依頼がありました。よしよし頑張るぞと思い、どんなものにするべきか、もらった資料を元に色々と構想を練っていたのです。新規作成のため予算は10万円くらいで提示しようかなと思っていました。

そしたら何と、そのクライアント候補が2万円でできる業者を見つけたからそっちにお願いする、と言います。あらら。2万円ですか。更新で利益を取っていこうとしているのかよくわかりませんが、2万円ですか。はあー、ホームページ制作の価格は水物ですね。例えいいものを作っても金額が上がることは無いんだろうなあ。新しい商材を作らなければいけないと思いました。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。ただいまネットメディアを作成中です。定期的な売上が見込める媒体になると感じています。

ミツバチから教わったこと

先日、養蜂に取り組んでいる方にお会いして来て、たくさんのミツバチを見てきました。水辺が近くにある木陰に、ぽつんと蜂箱が置いてあるのです。近くに行って覗いてみると、ミツバチがひっきりなしに出たり入ったりしていました。とても健気で、よく働くなあと思いました。

ひとつの箱にミツバチが2万匹程も入っていることに驚きました。そして感心したのは、蜂箱の中の温度と湿度を調整するために、ミツバチは水を運び入れているってことです。へえー。かしこいですよね。だから、水辺の近くを好むのだそうです。そういえば、絵本で、森の火事をミツバチが水を運んで消そうとしているお話しがありましたね。自分ができることを精一杯やる、というような教訓があったと思います。実際のミツバチを知っているからこそ書ける物語です。

自分で得られる知識ってあまりに小さいです。だから、選り好みすること無く、いろんな人に会ってみると、どんどん知識は広まっていくんですよねー。これからは世代を超えた交流が大切になってくると思っています。無駄な縁など無いと僕は思うのです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。ネットに溢れている情報もそうだけれど、知識は共有してこそ生きてくると感じます。

2013年6月19日水曜日

家の床下にカビ発生

久し振りの雨で、心身ともに安堵したように感じます。ダムの貯水率も下がっていたことですし。もちろん、大雨になって被害が出てしまうようではいけないので、今ぐらいのしとしと雨がよろしいかと。

先日、保障期間が切れるのに合わせて、床下点検をしてもらいました。そしたら何と、少なからずカビが発生しているのです。僕は不在でしたが、このご時世、デジカメ画像を家のテレビにつないで見せてくれるんですよねー。一目瞭然でカビの状態がわかりました。まあ、かれこれ30年以上の住まいなので、発生するよなあ。

ご担当者さんから、空気の換気が必要で窓やドアの開放をやったほうがいいと言われました。なるほど。我が家はそういうことをやって来なかったなあ。湿度が高くなる梅雨時期。換気に気を配って、快適に過ごしたいです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。カビ防止剤と、シロアリ防除剤を散布しようと検討中です。

2013年6月18日火曜日

グーグルマップの微妙な誤差

蒸し暑い中、知人のキノコ栽培場へ行ってきました。初めていくところなので、事前にグーグルマップで調べてから向かったんです。とてもわかり易い目印があり、さらにほぼ県道沿いだったので、迷うことなく着くだろうと思っていたのです。

で、実際に行ってみると無いのです。あれっと思って、その辺りをぐるぐる徘徊したんですが、見当たりません。おこしいなあと思い、車から降りて、もう一度スマホでグーグルマップを覗きました。そしたら、マップが示す場所には、普通の一軒家が立っているだけなんです。あれれ、一体どう言うことか。ひとりで迷っていても、埒があかないので、たまたま草むしりされている方に訪ねたら、ああ、すぐそこだよ、と道路の向かいを指差します。その先には、キノコ栽培をやっているであると遮光シートに囲まれたハウスがいくつも並んでいました。

グーグルマップが示す、県道の東側ばかりを見ていたのが原因でした。実際はその西側にあり、冷静に見ていたらすぐに見つかりそうな大きさなんですねー。グーグルマップの微妙な誤差があったのです。スマホの元は暗かったのでした。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。グーグルマップが絶対じゃあないなあ。道を尋ねるのが一番いい方法だと思いました。そういえば、スマホでグーグルマップを見る環境が整っているので、そんな道を尋ねる光景って少なくなっているのかな。

2013年6月17日月曜日

炎天下の側溝掃除

今日も暑かった。体感温度は40度くらいで、陽射しだってきつかったですね。ドラクエで言うところの、ガンガンいこうぜ、の勢いで日光が降り注いできました。明日は雨のマークもみられて、恵みの雨となりそうです。

この炎天下の中、事務所のすぐ前で側溝掃除が始まりました。何でも県からの委託作業だそうです。へえー、そんなのがあるんですね。市じゃなくて、県なんでだ。でも、どうしてうちの事務所の前のあたりなんだろう…。謎は深まりますが、腕っ節のある男たちによって作業は進められるのでした。こまめに休憩を挟んでいらっしゃるので、そりゃ暑いですよね。

そんな光景を見ていて、何故か僕は事務所のクーラーも付けずに仕事に取りかかったのです。意地なのか、遠慮なのか、よくわかりませんが、汗だくで頑張っていました。よく考えればおかしな考えですね。一方的に、そのガテン系の皆様の身になってみました。結論としては、まめな水分補給が絶対必要だと確信しました。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。ブッロクをあけているところをこっそり見ましたが、けっこう側溝に泥が貯まるんですね。いっぱいまで詰まっていました。

2013年6月16日日曜日

清水良典さんの講演会に参加

初夏を感じる日曜日。冷房が効きすぎている名鉄と地下鉄を利用して、名古屋へ出掛けました。でら暑いので、外出を少し躊躇したけれど、ひとつの予定をやり遂げることが、自信につながると思っています。

名古屋で活躍されている文芸評論家の清水良典さんの講演会に行って来たのです。僕は中部ペンクラブに入会しているので、その年間行事のひとつなのです。会員はほぼ50代以上が多いため、会場はその年代が占めていました。一番若いのがたぶん僕だったでしょう。参加者の年齢層だけをみると、清水さんもさぞがっかりされているでしょう。

作家を目指している僕にとって、講演は勉強になりました。小説は模倣しろ、とおっしゃるのです。自己表現は要らないとね。なるほど、そうかもしれません。自我は抑えないといけないんですよねー。読者はお金を払って読んでくれるんだから。作家への道は、まだまだ長そうです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。清水さんの本をその場で買って、表紙にサインをもらいました。ありがとうございます。記念になります。

知人がすすめる飲食店へ

40年近く生きていると、そりゃワクワクすることだってあります。そんな瞬間のひとつに、素敵な飲食店と巡り会ったときが上げられます。この子、タイプだなと思う出会いと、少し似ている気がします。

今日、小雨が落ちる中、ランチタイムに寄った飲食店は、知人が「かにクリームコロッケ」がおいしいよ、と紹介くださったところなんです。その情報を頭にインプットしておいて、さっそく行ってみたわけです。その店はすぐに見つけることができて、自動ドアを開けて入りました。まあ、何とも落ち着いた空間で、自分の足音しか聞こえないような贅沢な心地が感じられました。そして、店員の声がやさしく響き、案内くださいました。店員はよくできた方で、一生懸命なサービスなんです。

注文した料理を待っている間は、ボーッとするのにぴったりで、夢心地でしたね。本質を極めることはそぎ落とすことであり、無駄なものが一切無いのではと感じました。もちろん、料理もうまい。ドリンクもうまい。良い飲食店に出会えて、とてもワクワクした土曜日でした。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。知人がすすめてくれたかにクリームコロッケは今度食べたいと思います。今日は、おろしカツでした。

2013年6月14日金曜日

ツイッターで暴言

うだりましたね。夜は涼しくなってきましたが、日中は暑い。暑いのです。マスコミが揃って、この暑さを取り上げているんだから、その企画力を疑います。熱中症にはご注意ください。節電だからといって、クーラーを我慢することは全くないと思うのです。

その暑さで冷静な思考ができなかったのか、復興相の関係者がツイッターで暴言を吐いて渦中の人になっています。やれやれ。その暴言者の処遇は明らかだと思いますが、ツイッターの恐さも感じました。僕自身もツイッターをやっている方で、どんな投稿があるのか毎日のようにみています。多種多様な投稿があり、なるほどと感心できる内容もあります。

でも、心ない投稿や、思わず言っちゃった的な内容、一体何が言いたいのかわからないものだってあります。ツイッターという媒体を通すことで、自分を過大評価したり、もう一人の自分を作ってしまったりもするのだと思うのです。これが危険。僕は充分に気を付けていますが、その暴言者はどうだったのか。ネット選挙解禁の危険性がちらりと見えた気がします。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。今週もお疲れ様でした。

防草シートを買うべきか

雑草対策としてどうすべきか考えています。雑草が生える度に、草刈りしているようでは労力がかかって仕方ありません。だから、考えるのです。方法としては、防草シートを被せておくのが良さそうで、マルチシートをその下に敷くとさらに効果が上がるようです。もちろん、除草剤を撒いておきたいですね。

さっそく、近所の農業屋へいってみると、ありましたお目当てのものが。ざっと防草シートが8,000円。畑の大きさからすると、32,000円分は欲しいところです。マルチシートは、2,000円で必要な分は20,000円くらいでしょうか。風で飛ばされないように専用ペグを揃えると、プラス6,000円程。これだけでも、58,000円の出費です。うーむ。

今やるべきか、もう少し先でもいいのか。悩みます。

2013年6月13日木曜日

プロ野球にも不祥事

最速で猛暑日を記録したそうです。日中はでら暑かったですね。気分転換も兼ねて、事務所掃除に勤しみました。はい。暑くて集中力が持続できなかったのです。ふうー。

日本野球会も揺れていますね。統一球の仕様変更を黙っていただなんて、大人げないと感じます。どうして今回のような事態になったのか、疑問が募るばかりです。多くの選手がすでに気づいていたようで、隠し通せなかったから、というのが主だった原因なのでしょうか。どうして隠さなければいけなかったのか、日本野球機構にも病巣があるようです。

柔道、相撲に続いての不祥事。その背景には、私利私欲がとぐろを巻いているのではないか。スポーツは勉強と双璧を成す、自身を高める方法でもあります。誰もが背を向き始めると、大きな損傷が出てしまいます。スポーツに限らず色々な面で、大きな社会構造の変化により、改革が必要になっているのではと感じます。責任者は進路を断つべきです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。プロ野球はまだ前半戦。この問題が、ずーと尾を引いて行きそうで、何だかファンとしてみる方も後味が悪いなあ。

2013年6月12日水曜日

暑いときこそ食べる

昨夜は久し振りに飲んだので、今朝はいくぶんの二日酔いでした。不思議なもので、そんなに飲んでいないのだけれど(グラス3杯)、うまく抜けませんでした。たぶん、あまり食べなかったからだと思い当たります。

台風が接近している影響もあるのか、今日の日中も蒸し暑かったですね。その二日酔いも重なってしまい、ランチを抜こうかと思っていました。でも、食べないと体が持たないのです。それに頭だって回りません。ヨーグルトとかサラダとか、さらっと食べられるものだけでもお腹に入れた方が良いんですよね。うん。

暑いからと言って、だらだらとドリンクばかりを飲んでいてはダメなのです。やっぱり、暑いからこそしっかりエネルギーを蓄えて、その暑さをのりきっていかなければと思うのです。まだまだ夏の玄関口です。本物の暑さはこれからやってきます。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。今週末には交流会があるので、しっかり食べたいです。元を取らなければ。

気の合う仲間とのお酒

雨が降りそうで降らない夜。嵐の前の静けさでしょうか。台風の接近が気になるところでもあります。今週は雨マークが並んでいますね。

久し振りにお酒を飲みました。どうだろう、1ケ月ぶりくらいでしょうか。毎日、ビールを片手に晩酌している子と比べたら、そんなことは少ないでしょう。ありがたいことに、気の合う仲間と一緒にお酒を飲むことができました。やっぱり、ひとりで飲んだり食べたりするよりは断然いいですよね。心身のリフレッシュにも効果的のようです。

あれだね、毎日だとさすがに体に堪えるけれど、これがたまにだから良いんですよねー。そりゃ愚痴りたいこともありますし、話したくてたまらないうれしいことだってありますもん。ねえ。楽しいお酒が飲めました。今日みたいな日が、一日でも多くあるといいなと思います。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。お酒で交流を深めることだってあると思います。でも、お酒に溺れてはいけないですよね。ほどほどが適していると感じます。

2013年6月10日月曜日

雫井脩介「つばさものがたり」書評

一体、何回泣いてしまったんだろうと、読後に思いました。随所にほろほろ来る場面が散らばっていて、鼻の奥がつんとしました。犯罪小説の名手がおくる家族小説は、感涙必至です。

主人公の君川小麦(名前の付け方がとても新鮮!)は、ガンの転移に悩まされながらも故郷にケーキ屋を開きます。家族の念願だった開店ですが、甥っ子から「流行らない」と宣告されます。予言通りに店は行き詰まり、小麦の病状も悪化。弱音を吐く小麦に、力を注いだのがその甥っ子と、甥っ子が見えるという天使のレイでした。このままで終わりたくない、という小麦の願いが奇跡を起こします。

いいなあ、この小説。もっと自分も頑張ろうと素直に思えました。小麦の兄の活躍も面白いのです。キャラ設定が抜群に生きているんです。パティシエの現場の大変さもよくわかりました。ガンという病気の非情さが、露に感じます。ひとりの少女が駆け抜けた一生が、丁寧に描かれています。

全国のパティシエを目指す皆さんに読んで欲しい一冊です。

田舎社会のデザイン

今にも雨が降り出しそうに風がふき、とても静かな夜です。来週から本格的な梅雨空ですね。雨が降って、予定が変更にならないようにしたいです。

この前、知人と雑談している時にとても記憶に残る言葉がありました。それは、田舎が都市化してくると、人間関係が希薄になる、というような内容です。田舎はご近所などで助け合って生きて行くことに生活があります。子どもたちを地域で育てて行こうという取り組みもあります。

それが、都市化されていくと、壊れてくのではないかと話が盛り上がりました。切実になりましたね。助け合わなくても、ある程度の生活が保てる時代。生活が豊かになることを否定しているのではなくて、助け合っていったり、協力しあうことが抜けていってしまっているのではないか。これは見過ごせないことだと思うのです。都会と田舎では、人間関係の築き方が違うように感じます。

今日も僕のブログにお越しくださりありとうございます。都会は田舎からできた社会のはずです。学ぶべきことは、田舎にこそあるのだと思うのです。社会のデザインを見直して行きたいです。

2013年6月9日日曜日

用意したシートが小さ過ぎた

来週から、どうやら雨が続くようなので、日曜日でも畑プロジェクトを進めました。青々とした元気のいい草がにょきにょきと生え出しているので、草刈り機で刈り取って行ったのです。

ようやく土の上にシートを被せるところまで来ました。親戚のおじさん曰く、シートを被せたところが蒸し上がるので、根っこが枯れて行くようです。へえー。なので、言われた通りにやってみているのでした。でも、思いのほか、シートが小さ過ぎて、畑の全てに被せようとすると、全く足りません…。どうするか。

シートを買うべきか。買わずに、根っこが大きく残ったところだけに絞って、シートを被せていくべきか。うーむ。枯れ葉剤を少々蒔く必要がありそうです。やることが一杯です。

自分だけが楽しくないのは嫌

蒸し暑いですね。こんな夜は、大人の楽しみとしてビールを晩酌で飲んでから眠りに入りたいものです。

週末ともなると、居酒屋にはたくさんの団体客が入っているようです。よく店の外でたむろしますよね。その店先でガヤガヤと楽しそうにしている団体を見ると、イライラして毒づきたくなってしまうのなら、たぶん自分自身の情緒が不安定だと思うのです。またはあまり良いことがない場合が多そうです。

逆に、そんな団体が目に入っても、目を細めてほほ笑み、仲間っていいね、と思えるのならば、その時は自分自身も人生を楽しめていて、すべてがうまくいっているときではないでしょうか。自分の現況に寄って、見るものの価値も変わってくるのだと思うのです。今の僕は、もしかして前者かな、と感じる週末の土曜日でした。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。勝手なもので、自分だけが楽しくないと、うまく受け入れられないことが多そうです。素敵な週末を。

2013年6月7日金曜日

安全確保のための冷静な行動

愛知県一宮市では、雷を伴った激しい夕立がありました。真っ黒い雨雲が空を覆い出して、大粒の雨が降り出したのです。梅雨らしい空模様の変わりようだなと思いました。

落雷もあり、一部では停電があったようです。知人が言うには、信号機が止まってしまったようです。それは大変。普段、信号機で交通整理ができているから、どんな事態になっていたのか気になるところでもあります。とにかく、まずは落ち着くことですよね。

僕は雨が降り始めた時、ちょうど運転中だったので、安全第一を考慮して、近くだったコイン洗車場の駐車場に車をとめて、雨が小降りになるまで待ちました。おおよそ1時間くらいそこで待機したのです。前が見にくい中、車を走らせるよりは、よほど良いかなと思っての決断です。こういった判断だって、時には必要だと感じます。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。安全確保を常に考えていれば、自ずと行動にも冷静さや慎重さがついてきますね。

耕作放棄地を救う方法

大荒れの夕立も重なって、今日の畑プロジェクトは中止。これで作業が延びてしまいますが、天候に左右されるのはどうしようもないことですね。

不動産業に携わっている知人と話をしていて、耕作放棄地が多いことに改めて気づきます。放っておくのがもったいないということで、じゃあ何かやろうかと二人で思案しました。野菜を大規模栽培する、貸し農園の経営、公園にするなどの意見が出ました。

まあ、何をやるにしても、荒れ散らかった土地を整備することから始めないと行けませんよね。そこが大変ですけど、耕作放棄地を救う方法はそこからだと思うのです。だから、草刈りやります、でもいいのではないでしょうか。

耕作放棄地を県や市が借り上げても、けっきょく作業する人がいなければ何も始まらないのです。法人が農業に参入し易くなっても、そこにも人が必要です。人材育成は急務でしょう。

2013年6月6日木曜日

ひとりで過ごす事務所環境

フリーランスで仕事しているので、事務所ではひとりです。パソコン作業中もひとり、企画を練っているときもひとり、悩んでいるときもひとり、です。自分で選んだ道だから、迷ったり逃げることなく向き合っていますが、ときには寂しくもなります。ふうー。

特に仕事が少ないときは猛烈に苦しいですね。この先どうなるのか不安が倍増します。そんなときは、ただひたすらに自分と向き合うために、やらなければいけないことを紙に書き出して行くのです。これが結構に効果的で、気持ちが落ち着くものです。

最近では、事務所内に軽く体を動かせる器具を置いて、リラックスできる環境も整えています。今だと、音楽をかけて仕事しようか検討中です。好きなミュージシャンの歌を聴きながら仕事できるのは最高ですが、電気を使うのがもったいないと感じています。太陽光パネルを買ってしまおうかと、ぶっ飛んだ考えもあったりします。何にしても、できることしかできませんよね。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。誰もやりたくないことをやることが、現在の経営目標です。広告業界も厳しいですけど。

またすぐに生える草木

いやはや泣けてきました。せっかく時間をかけて草木を刈り取ったけれど、またすぐに生えてきました。すごい生命力に感心しますが、再びの草刈りは何だか泣けて来たものです。

土、太陽、水さえあれば、ぐんぐんと育っていくようです。思えば、草刈りを始めた最初の箇所では、その具合がどうも浅かったようです。そのため、根っこが生きていたんでしょう。すぐに再生したんですから。

もう一度、全体的に草刈り機をかけてから、シートを被せていこうと思っています。はあ、大変だ。けれど、頑張って行きたいです。

草を刈っても、ご覧の通り、またすぐに生えてきます。


2013年6月5日水曜日

地元密着の販売促進

雨を見ない梅雨ですね。梅雨入り宣言は誰がするものか良く知りませんが、ちょっと早かったのではと感じます。別に損得勘定の必要もないので気にしてませんが、空梅雨だと水不足になってしまうので困ります。

さて、青空が広がっているので、元気よく自転車で駆け回っています。けちくさくなったのか、まめになったのか、ショップでもらえるポイントカードや割引券、抽選券を保管して利用します。やってみると楽しいですよね。ポイントが貯まって行く楽しさがあるし、50円とか引いてくれるうれしさがあるし、何か当っているかもしれないと言うドキドキ感があります。

そうなると、同じショップに何度も足を運ぶことになります。その範囲が、自転車でも回れる範囲だなと気づきます。ちょっと遠出した場所で、ポイントカードをもらっても、中々もう一度行きませんからねー。単純に、地元に根ざした商売を考えるのならば、ポイントカードや割引券はやっぱり効果的だと思います。どうでしょうか。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。今年は夏用の服を新調しようと計画中です。もちろん、古着でも充分ですね。

まずは自産自消

僕たちが耕している畑は、景観としても貴重な島畑にあります。これは、田んぼの水がかりがよくないため、土地を一段下げるときに発生した土砂を盛り上げた島状の畑を指しています。今では珍しい農業景観です。

そのため、周りは田んぼだらけで、田植えシーズンのため一面が水に覆われています。ほとんどのところが、苗を植え終えているようです。田んぼの世話も大変で、農家さんは誰もが腰をおっているのですね。畑プロジェクトは、とくに期限があるわけではないので、いくぶん楽でもあります。

まずは農作業に慣れることが大切だと思っていて、それから本格的に野菜を育てて行きたいです。仲間を募ってやりたいですね。ありがたいことに、同じような境遇や考えの仲間ができています。地産地消をめざし、まずは自産自消に取り組みたいです。

2013年6月4日火曜日

W杯への出場決定!

めでたい!男子日本代表が、5大会連続でサッカーワールドカップへの出場を決めました。試合を見ていませんが、ツイッターでその結果を知りました。引き分けでの試合終了。勝つか引き分けるかでの出場決定だから、結果オーライでしょう。お疲れ様でした。

何だろう、もはやW杯に、出場して当然という気運なのもうなづけます。3大会連続で世界最速の出場決定だそうです。日本代表が強過ぎるのか、他が弱過ぎるのかわかりませんが、スポーツ観戦の楽しみは少なからず薄れる気がします。

約20年前のドーハの悲劇。僕にとっては、あれがすべてです。W杯に初めて行けるかもという中での戦いで、あと一歩まで届いていた切符がするりと飛んで行きました。テレビの前で茫然としていたのを思い出します。選手にとっては勝たなければいけない試合でも、観戦する方にとってはまず良い試合を期待してしまうのだと思うのです。あの試合は負けたけれど、本当に良い試合でした。そうか、もう20年も前なんですね。Jリーグが開幕したこともあり、日本代表は強くなっているのです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。本戦においての目標は、ベスト4かな。気が早いけれど。

2013年6月3日月曜日

写真撮影は楽しい

この前、知人に頼まれてイベント風景を撮影するカメラマンを引き受けました。お世話になっている方でもあり、プロではないのでもちろん無料です。カメラの使い方に少なからず不安はありましたが、やってみると面白かったです。

優れているカメラのため、ほとんどがオート機能で撮れるから便利です。慣れてくるとズームとかも試したくなるのが、素人的発想だなと振り返ります。光の加減がもろに写真に影響したり、動く人物を捉えるのは難しいなど、とても勉強になりました。

カメラを構えると、いい気分になり、ちょとだけ優越感にも浸れます。強くなったような錯覚にも陥るのだと感じます。被写体の表情がとても良いし、ピースサインを出してくれるととてもうれしいですね。気を付けたいのが、写真が嫌いな人もいること。写真を撮るにもマナーが必要ですよね。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。俄然、カメラが欲しくなりました。ハンディタイプのカメラが壊れたので、そろそろ次を考えていたのです。いよいよ一眼レフか。でも高いなあ。

根っこ掘りを断念

気づけば毎週土日は、畑プロジェクトがまったく進められていません。のんびりやって行くに越したことはありませんが、やはり早くやりたいという気持ちがあるのも事実です。梅雨入りしたけれど、今のところ空梅雨の現在。やれる日にどんどん進めて行きたいと思うのです。

地中に埋まっている大きめの根っこを掘り起こそうとしています。けれど、困難を極めています。相当に深くまで張っていて、相当に長いのです。だから、掘っても掘っても、一向にゴールが見えない現実です。ふー。

生命力のすごさですね。見えないところこそしっかりしないといけないのです。人生と同じです。畑プロジェクトで土に触れる機会が多くなっています。とても良い体験となり、自分を見つめ直すことにもつながります。発見がいっぱいです。

根っこ掘りは断念して、シートを被せて枯らす作戦にうつります。

2013年6月2日日曜日

ボーリングで国際交流

何人いるのか調べていませんが、地元の愛知県一宮市にも、海外から引っ越して来た外国人がいます。知人が、その皆さんを招いてボーリング大会を開催しました。目的は国際交流。僕はカメラマンとして伺いましたが、もうね、みんなが良い顔してました。なるほど、笑顔は世界共通なんですねー。

とにかくシャッターを切りまくりました。ストライクが出ると、黄色い歓声が飛び交うし、たとえミスってもドンマイなんです。かっこつけたり、背伸びする必要がないから、自分らしくプレーできるのではないでしょうか。

異国の地での生活には、一体どんな不安がつきまとうものなのか、想像するだけでもエールを送り出したい気分です。学校教育で英語だ英語だと押し付けている大人よりも、よっぽど国際交流しましょうと呼びかけている知人は立派です。僕よりもだいぶ先輩です。何もできていない自分が恥ずかしくもなった日曜日でした。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。顔を合わせてこそ交流ですね。ネットはそれを補助するツールだと確信しました。地元でできることは、まだまだたくさんありそうです。

2013年6月1日土曜日

杜の宮市の打ち上げ

地元でボランティア活動に従事しています。中でもゴールデンウィーク中に催した「杜の宮市」には、運営スタッフとして深く関わっています。今回で3回目になります。どこのボランティア活動もそうだと思うのですが、スタッフは絶えず入れ替わっています。宿命みたいなものだと思うのです。

見知った顔ぶれと初参加の顔が集まって、ささやかですが大賑わいの打ち上げを今夜開くことができました。ありがたいです。大きなイベントをやり終えた高揚感はもちろんありますが、それよりもやっぱり仲間と一緒にやり遂げた喜びが強いですね。そうそう簡単にできることじゃないと思うのです。

今夜は誰もがいい顔してました。酔っぱらいばかりでしたが、いい顔でした。人って、こんなに良い表情ができるんだなとね。ボランティアに携わっている人の共通点がひとつ判明しました。それは、褒められようとしていないことです。ボランティアやってるんだ、と言われても、威張ることはありません。さも当然なんです。僕はそんな姿勢は大好きです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます少しでも長く続けられたら良いな。ボランティア仲間は特別だと感じています。