2013年5月31日金曜日

不言実行が良い

梅雨の合間に青空が広がり、太陽光がとても眩しく感じました。そんな中、建築現場で働く作業員や野ざらしで誘導棒を振っている警備員は、あらためてきつい仕事だなと感じます。体力勝負ですよね。そんな方がいるから、社会が成り立っているのです。

さて、周りにこんな人がいませんか。エラそうなこと言うけれど、何もやらない人。けっこういますよね、きっと。その人は、有言不行です。何も意見がなくて、さらに動かない人。この人は、不言不行です。滅多にいないと思うけれど、やはりいますよね。

じゃあ、有言実行がいいのかというとちょっと違うような気がします。不言実行がもっともスマートで信頼できそうです。とにかく行動が伴うことが大切で、それから夢や目標を語っても良いのだと思うのです。まずは行動。もちろん、きちんと考えた上での行動が必要です。背中で語る、ってのはもう古いのかな。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。言うだけの人が多くなったと感じます。そんなときは、自分はどうかと振り返りたいです。小説家になりたいと言っているけれど、書けていない現実。まさに口だけの良い見本が自分とは。やらねば。

根を掘り起こす

梅雨の合間に青空が広がったので、畑へ行きました。草木の刈り取りがいちおう終わったので、さて今後どうやって開墾していこうかと思案していたのです。問題は根っこです。地中の隅々まで行き渡っていると思われる根っこをどのように処理していこうかと。

諸先輩方に伺ってみると、自力で掘り起こして行くしかないとのことです。えー。地中にがっしり張った根っこだと、除草剤や石灰水などが全く効かないそうです。だから、まめに、こつこつと備中やスコップをいれるしかないのです。はい。

とにかくやるしかないと思い、さっそく備中を持って畑で作業しました。ほんとしんどいです。1時間ぐらいやったんですが、どうだろう1㎡しか作業できませんでした。全体の約100分の1くらいですね…。2ケ月くらいかかりそうです。

がんばっていきたい。

2013年5月30日木曜日

田んぼに水が張られました

ようやく、愛知県一宮市辺りでも、田んぼに水が張られ始めました。田植えの季節ですね。今か今かと、待ち望んでいたように、カエルが元気よく鳴いています。いつまでも残したい、日本の原風景だと思うのです。

水を張った田んぼの近くをジョギングしたんですが、気持ちいいんです。ちょっと涼しくも感じました。クーラーいらずですよね。ビルが乱立する場所とは大違いの快適さです。夜は電気を点ける必要がないので、省エネ。おいしいお米が収穫できるので、食料自給率アップに貢献です。田んぼってすごいんです。

棚田がその美しさのために取り上げられますが、実際は管理意維持がたいへんです。田植え体験による県外からの若者によって支えられているそうです。自分が食べる分は、自分で作ろう、という発想があればもっと注目されて、棚田が守られて行くことにつながるのだと思うのです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。労働は、農業から始まったのでは、と感じます。つまり、最古の産業は農業ではないかな。その農業を疎かにしてしまうと、すべての産業がうまくいかないと僕は想像します。

2013年5月29日水曜日

コミュニケーションの多様化

ケータイ電話、ケータイメール、パソコンメール、フェイスブック、ツイッター、ライン、ブログ経由など、僕がプライベートや仕事で相手と連絡をとりあう手段です。あまり使わないけれど、固定電話、手紙も上げられます。

まれにですが、あらゆる連絡手段を用いたとしても、一向にコンタクトできない人がいます。まあ、僕が嫌われていると言ってしまえば終わってしまう話なんですが、そうじゃなくて、その連絡が取れない人は、一体どんな生活スタイルなのか気になるんですよねー。なぜ折り返し連絡をくれないのか、不思議なんです。ただの考え過ぎでしょうか。

もしくは単なる短気なのかな。これだけ連絡手段に溢れているんだから、どっかで、すぐに連絡が取れても良いのだと思うのが自然です。あの子はケータイ電話、この子はフェイスブックなどと使い分けるのは手間かもしれないけれど、コミュニケーションが早くとれるに越したことはありません。せっかちになっているのは、現代病かなとも思ってしまいます。即レス、を信条としているのも問題かなと反省します。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。連絡が取れない、ということは現代では恐怖に近いと感じます。連絡が取れて当たり前の生き方を、見直すことも必要かもしれません。

2013年5月28日火曜日

東海地方も梅雨入り

今日の午後には雨が降ると予報されていたので、名古屋まで出掛けるのを中止しました。雨音を聞きながら、デスクワークに精を出したのです。東海地方もいよいよ梅雨入りです。例年よりも早いようなので、例年よりも早く梅雨明けしそうですね。本格的な夏の到来が楽しみです。

窓の外を見ると、雨が降っています。僕自身、雨の日は集中できて、頭の中もリフレッシュされます。心身がリラックスできているからだと思うのです。マイナスイオン効果でしょうか。だから、雨の日はデスクワークに励むようにしています。

じとじと、じめじめしていても疲れるだけですから。雨が降るから、飲み水が確保されて、木や植物が育ち、衛生面だって保てます。恵みの雨だから、梅雨を歓迎して、過ごして行きたいです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。梅雨の時期に何をやったのかが、梅雨明けの際に問われます。萎んでいてはいけないですね。

梅雨入りでしどろもどろ

梅雨入り前には、ほぼ終わらせようと思って始めた畑プロジェクト。東海地方も梅雨入りしたようですが、そのプロジェクトはまだ終わっていません。理由を挙げればきりがありませんが、雨が降ったりやんだりする時期の作業をどうしようか悩んでいます。再び草が元気になるのも不安材料ですね。

雨が降って、土が柔らかくなるから、作業がはかどりそうです。でも、足元だってグチャグチャだから気がかりが多いのも事実です。梅雨明けを待っていると、本格的な夏が来るので、そっちの方が厄介です。

いずれにしても早くやらねば、ですね。

周りがうるさ過ぎる

仲間と一緒に、楽しく飲んだり食べたりするのはとてもいいことです。でも、周りの迷惑を顧みずに騒ぐ、というのは違ってマナー違反です。無理して大きな声を張り上げないといけなかったり、騒がしい客が気になるばかりです。宴会にしろ、デートにしろ、壁で仕切られた個室タイプのスペースが最適。あまりにも騒がしい場合は、店員に声をかけてもいいでしょう。お店側の客層をあらかじめ判断するのも必須です。

理想の恋愛を語り合いたい

独身男子が集まると、ほぼ恋愛だの、結婚だのの話になります。同性同士のため、話は当然盛り上がり、傷を舐めあうのもしょっちゅうです。はあー。

でも、だからといっていい恋愛ができるかと言うとそうでもないようです。より好んでいると言うよりも、より慎重になっていると思うのです。年齢を重ねると共に、好みのタイプも変わって来ていて、今だと一緒に頑張れる子がいいなと。だって、人生は楽しいことと楽しくないことが半分ずつくらいですよね。苦しいこと、辛いこと、大変なことを一緒になって頑張って乗り越えて行ける子がいいんです。

何て言うのだろう、人生を語り明かせる子が素敵です。夢を語り合うのだってよさそうです。照れながらも、自分の夢を話せるのはいいなあ。理想の恋愛、理想の結婚、理想の家庭など、誰もが抱いていると思います。お互いが、話し合えないようじゃあ、やっぱり良いご縁にはならないのかもしれません。

自分が置かれている立場をわきまえて、生きて行きたいです。今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。5月も今週で終わりですね。

2013年5月26日日曜日

間近で阿波踊りをみる

どこまでも晴れ渡った日曜日。地元の萩原商店街の「チンドン祭」に行ってきました。駐車場がないのは明白なので、気合いの自転車で駆けつけたのでした。ざっと片道40分くらい要して行った甲斐は、充分にあったのです。いやはや楽しかった。

地元の祭なのに関わらず「チンドン祭」は初体験。いつもは狭い通りの商店街に屋台が並び、駐車場だったスペースにステージを組んだ広場が出来上がっていました。途中途中で祭の要であるチンドン隊が練り歩き、盛り上がりを助長。1本100円のお茶を飲みながら、カメラ片手にとにかく歩き回りました。地域の情緒が見えてくるんですよねー。

中でもお気に入りは、太閤連による阿波踊りでした。笛や太鼓の音色に合わせた独特な踊りに、もう夢中。3回の披露のうち、2回もみちゃいました。なんかね、いいなーって思ったのです。仲間が集まって、ひとつのことを成し遂げるのっていいですよね。阿波踊りを踊りたい人が、いつまでも踊れる社会であって欲しいです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。夢や希望、情熱、生き甲斐など、人生の良いことがあつまってくるのは、今日間近で見ることので来た阿波踊りを踊る団体だと思うのです。


笑顔スイッチの入れ方

今日、ランチを食べている時に、この子、接客がうまいなあと感心したものです。何にうなったかというと、その笑顔。笑顔だけなら誰にもできるんでしょうけど、笑顔になる瞬間が見事でした。笑顔になるスイッチの入れ方が最高だったとも言えます。

最初、その子を視界で捉えたときは、注文を取って早く厨房に通そうと急がしそうでした。悪いなあ、と思いながらも、僕は「すいません」とその子を呼び止めたのです。他にスタッフがいなかったんですから。で、僕の声が耳に入った瞬間、パッとこちらを見て、すぐに笑顔になったのです。もちろん、その笑顔はつくっていなかったと感じました。見事。

不器用な子ならば、僕が声を掛けた瞬間に、ちらりと視線だけ寄越して、「少々おまちください」とでも言いながら、いったん厨房へ消えて行くと思うのですね。そうじゃなかったあの子の接客は手本になります。そんな子がひとりでもいるだけで、その店は繁盛するのだと思います。結局は、人。商売は、できる人で成り立っているんですよねー。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。商売で迷ったなら、まずは自分を鍛え直すのが良さそうです。

2013年5月24日金曜日

元気なお年寄り

久し振りに近所をジョギングしました。ほんとは毎日取り組みたいんですけど、そううまくいかないのが現実です。久し振りだから、というだけで足があがらず、ペースも一向にあがりませんでした。走っていても、ドタドタと言う感じて、何だかみっともなかったような気もします。

80歳の方がエベレストに登頂した、というニュースをみました。すげえ。目標を持ってやれば、何でもできるんですよね。僕のお爺ちゃんもお婆ちゃんも、80歳前で亡くなってしまったので、80歳、という人は一体どんなだというのはわかりにくいです。元気なお年寄りだなあ、というのが率直な感想でしょうか。

このニュースは、ご年配の方に登山しろ、と言っているのではなくて、どちらかというと若い世代への激励のように思うのです。やればできる、冒険しろ、外に出ろ、なんてことを発信しているのでは。年齢はあとから付いてきます。まずはエベレストの登頂という目標があり、その目標を達成したときが80歳でした、ということですよね。負けてられない30代後半です。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。あと40年ほどで80歳です。人生はまだまだ長そうですね。

2013年5月23日木曜日

広告業界で15年の実績

広告業界に携わって、はや15年くらいです。これが長いのか、短いのかよくわかりませんが、もうしばらくの間は広告業界で働いていると思っています。

ソフト利用の拡大、ネット環境の整備などにより、誰もが広告を作れる時代です。仕事量が減っているのは明白なんですね。声を小さくして言いたいことは、もっとこうしたらいいのに、という広告が多いのです。広告は何を、誰に、どう伝えるのか、の3ステップです。これらを外さなければまず大丈夫だと思うのです。

クライアントから広告予算をもらって広告を作ってきました。僕自身のこれからは、自分で広告予算を作りだして、サービスや物を売って行きたいと考えています。でも、どんなサービスを売るのか、どんな物を売るのかが、うまく決まりません。夏ごろに、新プランが打ち出せるように頑張りたいです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。何でもそうですが、新しいことへの挑戦はしんどいです。ここを抜け出さなければ何も生み出せないと思うのです。

2013年5月22日水曜日

中締めのお疲れ様

ついに一通りの草木刈りが終了しました。あー長かった。約1ケ月かけての作業でした。でも、まだまだやらなければいけないことはあります。土の中には、根っこがたくさんうねっているようだし、刈り取った草木を処分していく必要があります。

まあ、それでも中締めですね。お疲れ様です。季節は田植えシーズンで、畑の周りの田んぼでは、水うちを待つばかりの状態です。梅雨ももうすぐやってきますね。

畑プロジェクトを始めてから、季節をもっと身近に感じるようになったし、日の出や日の入り時間をチャックするようになりました。生きた心地がありますよ、畑に出てみるとね。

限定正社員を考える

限定正社員とい言葉をよくニュースで見聞するようになりました。正社員と非正規社員の間の働き方のようです。すでに取り入れている企業もあるようで、広がって行く様相です。雇用はどう変わって行くのでしょうか。

定年が引き上げられたように現在の働き手にとっては、プラスとなる取り組みだと感じます。例えば、限定正社員となって、雇用を延長してもらえば良いのですから。ありがたいことですよね。問題は若者の雇用ではないでしょうか。新卒の新規採用は減りそうだし、限定正社員なら採用するよという話にもなりかねません。

限定正社員の働き方をまだ良くわかっていませんが、勉強する限り、知識やスキルを持ち合わせた人に対する雇用の多様性のように感じます。つまり、社会人一年生にとっては、その限定正社員という働き方では、仕事を覚える効率が悪くなるのではと思うのです。

非正規社員が増えたことで、歯車がズレてきたところもあります。限定正社員の導入が、それを助長しないようにして欲しいと願うばかりです。今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。どんな雇用であろうとも、誇りを持つことは大切ですね。

2013年5月21日火曜日

腹痛でダウン

腹痛がひどく、畑にいけませんでした。日中は暑かったけれど、夕方になるに連れて涼しくなってきたため、作業したかったのは言うまでもありません。

昔の人は、腹痛で畑作業を休んだと言う話を聞かないので、健康体であったのだろうと想像できます。もしかしたら、農業が減少して行くことが、病気の増加と比例しているのかもしれません。社会構造の変化が、体の免疫力を低下させてしまったのではと思うのです。

明日には回復して、畑に出たいです。草刈りも大詰めで、今月中には一段落付けそうです。

終日の腹痛

今日は、ずーと腹痛です。このブログを書いている現在も痛いです。ドスン、ドスンとお腹の辺りにパンチを食らわれているような感じなんです。トイレに駆けこめば治るだろうと思っていましたが、効果無し。ちょっと横になれば大丈夫だろうと思っていましたが、こちらも効果無し。結局、一日中痛いのでした。

健康な体が自慢なので、ちょっとした体の異変に敏感で、不安が一層募ってしまいます。まさか盲腸か、とか悪いことばかり考えてしまうものです。自分の体だから、自分が一番良く知っています。付き合いも長いしね。今夜寝て、起きた時に、まだ痛むようであればさすがに病院へ行こうと思っています。

フリーランスで仕事に携わっていると、病気は恐いです。何日かまったくダメになってしまうから恐いですね。ちゃんと食べて、しっかり寝て、ストレスを貯めない生活を見直したいです。もしかしたら、最近考え事が多いので、勝手にストレスを抱え込んでしまっているのかもしれないなあ。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。病は気から、ひょっとしても気が弱っているのかもしれません。何もかもが嫌になってくる直前で、病気をいい理由にしようとしているのだろうと自分を疑いたくもなりますね。

2013年5月20日月曜日

陽が沈むまでの作業

暑い。とにかく暑い。そのため、涼しくなる時間帯から畑プロジェクトを始めます。今日は午後5時からの開始です。

難しいところですが、少しでも作業時間を増やそうとすると炎天下にいる時間も増えます。逆に、炎天下にいる時間を減らそうとすると、作業時間が減ってしまいます。どっちをとるかなんです。

僕は体力あっての畑プロジェクトだと思っているので、炎天下での作業時間を減らす選択をとっています。涼しくなって来き夕方からはじめて、太陽が沈む直前まで作業します。暗くなる前に帰ります。

周りには外灯なんてものはありませんから。

陽が沈む眺めは、心がやすらぎます

ランチ抜きは危険

午後の打合せを終えて事務所に戻り、さてもうひと仕事をやろうかなと思ってデスクに付いたら、体がだるい。猛暑の中、自転車をこいで出掛けていたので、多少のだるさはしかたがないと覚悟していました。しばらく休もうと決めて、ソファに横になりました。どうだろう30分くらいしてから、再びさてやるぞと思ったけれど、それでも体がだるいのです。

体力の低下が本格化して来たと落胆しました。でも、よーく考えると、今日の行動を朝から追って考えてみると、体がだるい原因がわかりました。ランチを抜いたことなんです。エネルギー補充がうまくいっていなかったのです。モーニングを遅めに食べて、まあランチを抜いてもいいかなと決めちゃいましたが、それが問題でした。

やはり食べなければ頭も回らないし、体だって動きませんよね。これから暑い季節に入るので、なおさらご飯をしっかり食べることが大切になってきます。生活のリズムが狂ったのか、結局夜ご飯も少ししか食べられませんでした。三食をしっかりとってこそ、仕事がはかどります。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。今夜は熱帯夜でしょうか。蒸し暑い夜ですね。まだ梅雨入り前ですけど。

2013年5月19日日曜日

日曜日に風呂掃除

午前中は晴れていましたが、午後から雨が降り出した日曜日。前からやらなければと思っていた風呂掃除を済ませました。やりがいのある汚れっぷりで、けっきょく3時間もかかりました。まめにやっていたら、もっと短縮できるのかもしれませんね。

日曜日は、その週にやろうとおもっていたけれど、できなかったことをやる日なんです。調整日とでも言うのでしょうか、その週にやったことを見直します。けっこう延びに延びてしまったことって多いのですが、大切なのはやることだと思うのです。やろうやろうと思って、やらなければもったないです。

考えたり、言うだけは簡単ですが、やはり行動にうつすことは大変です。だからこそ、行動できている人が生き残り、輝くのだと思うのです。やるべきことをやってこそ、遊んだり、デートしたり、趣味に興じたりできるのではないでしょうか。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。沖縄は梅雨入りしました。東海地方も間もなく梅雨入りですが、その前にやっておきたいこともたくさんあります。今週もお疲れ様でした。

2013年5月18日土曜日

友人の結婚式に参列

この度は誠におめでとうございます。大変お日柄も良かった、友人の結婚式でした。たまたまでしょうが、僕のちょっとした気遣いがきっかけで、二人が出会い、そして結ばれたのです。キューピットとして、こんなにうれしいことはありません。何かしらの励みになりそうです。

もうね、結婚式や披露宴は、なんど参列してもいいんですよ。その場では、二人の幸せだけを見ていればいいんですから、こんなに素敵なことはありませんよね。今日の二人だって、サイコーにハッピーでした。晩婚化が叫ばれている現在、もっと結婚式への参列を増やせばぐっと改善されるのかもなと思うのです。

「おめでとう」もいいけれど、「ありがとう」という言葉も良いですよね。お父さんお母さん今まで「ありがとう」、いつも励ましてくれて「ありがとう」、今日は来てくれて「ありがとう」。たくさんの「ありがとう」も溢れていたと感じます。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。新郎の友人は40歳で結婚となりました。誰が喜んでいるのかって、やっぱりその両親だと思います。そのことを一番良くわかっているのが、新郎です。親のありがたさがわかる瞬間がここにもありそうです。

2013年5月17日金曜日

タマネギの種で稼ぐ

タマネギの種を一緒に作りませんか、という誘いを受けています。仲間と一緒に農業を学んでいるのですが、そのご縁で地元の組合から声を掛けてもらったのです。ありがたいことです。仲間内では俄然やる気で、じゃあどうやって進めていこうかというところです。

話を聞いてみると、きちんと利益が出ていてまわっているのです。そして、作業時間は比較的少なくて済むそうです。病気に気を付けながら世話して行ければ良いとのこと。問題は設備関係で、雨風をしのげるビニールハウスが要ります。この辺りは、引退された農家から借りられるかもしれないので朗報ですね。

ひとりでやるのなら無理だけれど、仲間と一緒ならやってもいいと思うのです。しかも、45歳以下の農業従事には、補助金が出ますし。聞けば、タマネギの種のシェアは日本全国で約3割もある組合です。おお、今のうちにいろいろ教えていただきたいです。人は食って行くために働きます。その食うものは、農業で作ります。農業に携わるのは、自然の流れではないでしょうか。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。政府が農家の所得倍増計画を発表しています。その具体案はどんなのか気になるところでもあります。

2013年5月16日木曜日

早朝6時に起床する

ただいま早朝6時に起きようを実践して、三日が過ぎました。心も体も慣れないもので、なかなか思うように頭が回りません。早起きしようと決めたのは、小説を書く時間を作りだすことだったのですが、どうもうまくいきませんよね。頭が回らないから、書くことが追いついていないのです。

荒治療として、すこし走ろうと思いました。早朝のジョギングです。仕事を終えてから走っているので、それを早朝に済ませたら、またまた時間の有効活用ができます。すっきりした頭で、小説の創作活動に没頭できれば一石二鳥です。うまくいくかな。

早朝の風景はとても新鮮です。部屋の窓から見えるのは、朝陽を浴びた鮮やかな緑です。そして、散歩する人や出勤する人も見えます。こんなに早く出勤しているんですよねー。日の出と共に活動を始めることだって、立派なエコ活動だと思うのです。電気を使っての夜の作業を、朝やれば良いのですから。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。ランチを食べたあとに眠くなってしまうのは、ご愛嬌だと思っています。

2013年5月15日水曜日

草刈りでわかったこと

ここ1ケ月くらいでしょうか、畑の草刈りに精を出しています。もうこれがね、体力勝負なんですよ。ほんの3時間程度だけ、畑で汗をかいていますが、もうヘトヘトになります。草がどんどん刈り取られて行く楽しみはありますが、毎回とても苦労しています。

いろいろ訳があっての作業なんですが、愚痴のひとつも言いたくなります。実際に内心は思っています。どうして俺がやらなければ、とね。でも、俺がやらなきゃ誰がやるんだとも思うのですね。本業の仕事を早目に切り上げてやるのですが、僕と同じようにやっている人もいるのだろうと勝手に想像しています。

ふと、自分の親もそうだなと思いました。今ではほぼ専業で農業に携わっていますが、昔はいわゆる兼業で、仕事をしながら農業に携わっていました。そう思うと、親がやっていたんだから、子供は見習ってやりたいものだと納得するのでした。案外、良い手本は近くに存在するんですよねー。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。農業を何とか盛り上げようとする試みが多いです。自給自足の家が増えてくると、エコ活動にもつながると思います。

草刈り機に慣れる

ちょっとでも涼しいと作業ははかどるもので、効率よくすすめられます。何度も畑に足を運ぶと、不思議なもので草刈り機の使い方もだいぶ慣れてきます。畑プロジェクトも3分の2は終わったと言えそうです。あと少しです。

そろそろ考えないといけないのが、刈り取った草木の置き場や処分方法、土の整地方法でしょうか。草木の置き場はある程度決めていますが、まだそれ様に土を掘り返す作業を行っていません。まずは掘り起こす範囲を、杭などで囲って行きたいと思っています。

土の整地に至っては、根っこの処理が問題です。細かい根っこが一面にはびこっています。トラクターで一気に起してしまうのも考えられそうです。現状の土では何も育たないのが明白なので、土づくりに取り組んで行きたいです。

畑プロジェクトを引き続き、頑張ります。

作業中に鳥がやって来て、虫をつまんでいました。

2013年5月14日火曜日

早朝の時間の使い方

早朝の6時に起きて、小説を1時間くらい書いています。ということを、今朝から始めて見ました。前々から、やろうやろうと思っていて、結局延びに延びた結果です。やってみると案外、集中してできました。眠いと言えば、眠いのですが、充実した時間を過ごせたと思うのです。

どうして早朝を選んだのかと言うと、とにかく習慣にしたかったのです。夜、寝る前に書くことが多かったのですが、それだとその日の都合によって、書けなくなる日も多くありました。例えば、夜遅くに帰って来たら、さすがにその日は何も書けません。そういった欠落の日を少しでも抑えられそうなのが、一日の始まりに書くと言うことなんです。

朝食を朝7時ころにとっているので、その前と言えば早朝の6時だなということです。またすぐに変わるかもしれませんが、しばらく挑戦して行きたいですね。できれば、ジョギングも早朝に行ないたいと思うのです。朝の時間を、もっと有効に使って行くことで、自分を成長させていきたいです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。日の出は早朝5時ころです。それに合わせた生活も良さそうです。

2013年5月13日月曜日

浜岡原発は再稼働されるのか

今日は全国的に、でたらめに暑かったですね。少々バテたのも事実です。喫茶店で中日新聞を手に取ってみると、一面に「浜岡原発」について書かれていました。そういえば停止中で、そういえば巨大な防波堤を作っていたな、と気づきました。再稼働はされるのでしょうか。

記事の中ではその見込みはない、と書いてあります。慎重論が多勢です。福島原発の現状を見る限り当然であり、日本の電力需要は、原発無し(一部を除く)で回っています。もちろん、火力発電に必要な燃料費が高騰していると言う経営面の問題があります。それでも、原発はなくてもやっていけるのではないでしょうか。

だったら、なぜ巨大な防波堤をつくるのか、不思議ですね。再稼働ありきですすめています。冷却装置の停止は、地震によるものなのか、津波によるものなのかわかっていないと記事で読みました。防波堤の存在意義にもつながってくることで、つくればいいということではなさそうです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。節電の時期に入ります。節電、節電、とくどいくらいにメッセージを送って行きたいですね。昔はクーラーもなかったし、24時間営業の店もなかったし…。

暑さに負けた

畑プロジェクトは、いつもだいたい午後3時から初めて夕方の6時まで行ないます。家に着くと、ちょうど陽が沈むタイムスケジュールなんです。早朝に起きてやりたいところでもありますが、まだ実現できていません。今後の検討課題です。

で、今日も午後3時から、畑に行こうと思っていましたが、断念。暑過ぎたからです。暑過ぎましたよね。おそらく、午後3時でも気温は30度近くあったのではないでしょうか。夏日です。この炎天下に畑へ出て、作業することを想像しただけで、身が竦んでしまったのでした。ふうー。

この先が思いやられます。ますます気温があがって行くことは確実ですから、やはり早朝に切り替えるべきかなと。でも、体が慣れるのに時間も掛かりそうです。そうこうしていると、梅雨に入ってしまうので、急がなければ行けません。やることがいっぱいです。

次回の予定は明後日の水曜日。頑張らねば。

2013年5月12日日曜日

地元の友人ファミリー

地元の友人ファミリーと、晩ご飯を食べる機会に呼んでもらいました。いいですね、こういうのも。自分は独身で、多少なり肩身の狭い思いでしたが、まあ自分の責任ですよね。本当なら、理想なら、現実逃避の思いが頭を過ります。

おもしろいもので、それそれがそれぞれで勝手に盛り上がるんですよね。お父さんはお父さんで集まって話すし、お母さんはお母さんで集まって話すし、子供は子供で集まって話します。それぞれが違った話題や楽しみで盛り上がります。何だか幸せですよね。子供たちはゲームばかりやっているけれど、まあお愛好でしょうか。

家庭を築いている友人が地元にいるってことは頼もしく、困ったときは相談できるからありがたいです。独身の子たちとの会話と、また違った会話になるから、刺激的です。時間の使い方、ライフスタイルなんかは、やっぱり違うもので、さてどうやって交流を図って行くのかが悩みの種でもあります。解決策は単純で、わかりきっていますよね。自分の結婚、でしょう。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。全てにおいて弱っている時期なのか、何だかうまくいかないことが多いです。でも、頑張らなければ。

雨天後は作業がはかどる

日曜日ですが、時間を作って畑へ出掛けました。とにかく、できるときにやっていかないと、中々進んでいかないからです。今日は午後1時から作業を始めましたが、とにかく暑い。熱中症に気を付けながらの、休み休みの作業でした。ふうー。

昨日の土曜は、一日中雨が降ったため、地面はぬかるんでいました。作業がやりづらくなるかな、と思ったけれど、逆にはかどりました。草木がぬけやすいのです。木だと、湿っているのが、切り易く、抜き易いです。これは新しい発見でした。雨が降った翌日の作業を重点的にやっていきたいです。

あと少し、あと少しで、上っ面だけですが、きれいになりそうです。長かったです。これから、ますます暑くなるので、体力勝負です。ひとりで畑に出ているので、体調管理は気を付けたいです。

周りで、田舎ビジネスとして、農業を始める人が多くなっています。どの程度の規模でやるのかがポイントだと感じます。

きれいになった面もあります。土の中は根っこだらけですけどね。

2013年5月11日土曜日

ボランティアの役割

愛知県でもほぼ終日において雨が降り、肌寒い一日でした。雨が降ると、身も心も何だか洗われるようで救われます。

さて、僕はボランティア活動に積極的に関わっています。ライフスタイルのひとつとして、大きな役割を果たしているのです。新しい自分への挑戦とでも言うのでしょうか。ボランティアを始めてから、かれこれ3年くらいが過ぎようとしていますが、未だにボランティアをよくわかっていないのも事実です。

たまに聞かれます。ボランティアって何、とね。この答えが難しい。お金を得ずに社会の役に立つ活動と言えなくもないのですが。お金を得てもいいのです。例えば、道の端に空き缶が落ちているとします。この缶を自主的に拾って、ゴミ箱に入れるのが、ボランティアだと思うのです。私的ではなくて、公的な活動ですよね。やらなくてもいいけれど、やった方がいいのです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。どこかへ旅に出るよりも、ボランティアをやってみるのもよいと思います。

久し振りの勉強会

地元の有志が集まって、定期的に勉強会を開いています。商売に関する勉強を、大人たちが集まって行なうのです。ほとんどが今までやって来たことの繰り返しになるのですが、ぽつりぽつりと気づいていなかった知識があったりします。だから、勉強会をやるのだと思っています。続けてね。

日本全国で、多様な勉強会があります。その内容にもよりそうですが、参加者が集まらない場合もあるようです。勉強会疲れもあると思うのです。参加し過ぎるのも問題で、じゃあ勉強した成果を一体いつ出すのだ、ということでしょう。勉強して満足していたら本末転倒です。

ネットを利用した勉強会もあり、とても便利な世の中です。月に一回は、どこかの勉強会に参加して、スキルを磨いて行きたいです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。10年後には、自分が教える立場になりたいものです。頑張ろう。もがく時代に、頑張る奴が生き残って行くのです。

2013年5月9日木曜日

人生を語る時

30代後半にもなると、自分の人生論を語る機会が多くあります。もちろん、聞く側にもなります。人生における楽しみ、夢や目標、価値観など、ほんとうに人それぞれで、聞くだけでも刺激になります。

よくよく考えてみると、過去の経験や実績から語ることの方が多いと気づきます。そして、まさに今、思っていることを話します。でも、未来のこと、将来のことを話すのって、けっこう難しいですよね。自分が経験したことのないことを話すのって、とても抵抗があるものです。抵抗と言うよりも話しづらいのでしょうね。

そんなときは、人生の諸先輩を参考にしています。あの人みたいな人生を歩みたいとね。自分の将来を語る時、もっともしっくりくると思うのです。歴史上のあの人物のような人生、メジャーで活躍したスポーツ選手のような人生、テレビで人気の芸能人のような生き方など、いろいろと上げられそうです。自分の両親も身近な手本として参考になりますよね。人生そのものを考えるのならば、他の人の人生を学ぶのが良いのです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。スポーツ選手の人生論は学ぶことが多いです。相当なプレッシャーの中での、人生だからでしょう。

作業効率アップの強い味方

久し振りに畑プロジェクトをすすめられました。今日はとにかく暑過ぎます。気持ちいつもよりも遅めのスタートで、約2時間ほど汗を流しました。着々と草木を刈り取って行けています。

作業効率を高めるために、どんな工夫ができるのか考えています。作業着にもこだわっていて、暑さ対策や動き易さを重視。とくに足元は大切で、履きなれた長靴は外せません。靴下もけっこう重要で、一般的な靴下だと踏ん張りが利かず、怪我の元にもなってしまいます。

そこで、5本指靴下の登場です。しかもカカト付き。厚手と言うこともあって、踏ん張りが利くのです。そして、蒸れにくいから助かります。3足セットで、500円なり。仕事人に人気のワークマンで購入しました。あそこは便利グッズが山積みですね。またお世話になりそうです。

畑プロジェクトでは、そろそろ草木を破棄する場所を作らないと行けません。土を掘り返す作業を、来週からできれば良いなと思っています。

畑プロジェクトの秘密兵器!?カカト付きの5本指靴下

2013年5月8日水曜日

読みたい本があり過ぎて

本や雑誌を読むのが好きで、ほぼ毎週のように本屋へ行きます。楽しいですね。ただ見るだけでも面白く、かしこくなった気にもなれます。ブックオフにも行って、中古の文庫本を大量に買い込みます。

すると何が起こるかと言うと、本や雑誌が積み上がって行くんですね。読み切れていないものがどんどん貯まって行きます。あー早く読まなきゃ、と思いながらも、本屋へ行き、面白そうな本に巡り会ってしまうのです。これが大変。買うのを我慢して、先に買った本を読むのです。

いろいろ勉強の身にとっては、仕事に関わる本や、自己啓発本、スキルアップの本なども買って読み込んで行きたい思いです。でも、すぐに読めなさそうで歯がゆいです。これだって、計画的に読んで行かないと、うまくまわっていかないと感じています。だいたい1日に本が読める時間は1時間程度。休日に多めに読むと1週間で10時間、1ケ月だと40時間程度だと思います。ただ、買えばいいというものではなさそうです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。GWに、ほとんど本が読めなかったです。本を読む時間を計画していなかったのが、原因と思うのです。

しばらく休耕

あーだいぶ休耕が続いてしまい、畑プロジェクトの草刈りは一向に進んでいません。昼間しかできない作業のため、時間に限りがあります。そこがもどかしいですね。夜、寝る前にちょっとだけやる、ということができません。

予定では、明日こそ、畑に出ようと思っていますが、前の用事が長引くと行けなくなります。その間に、草がぐんぐん伸びていることなんてありえませんが、集中力はだいぶ落ちて来たかなと感じています。

半分は終わっているので、あと少し、頑張って行きたいです。

2013年5月7日火曜日

体調不良は気から

一年のうちに何回かあるのが、体調不良です。僕自身、特にこの春先に多くてまいってしまいます。気温差が体に堪えるのです。今日だと、頭がぜんぜんうまくまわらず、体が眠かったですね。GWが忙しかったことも影響してそうです。

不思議なもので、体調が悪いな、体がだるいな、と思うと、ほんとうに悪くなります。気持ちの持ちようが大きく影響してそうです。気合いを入れて、大丈夫とでも思えば良かったのかもしれませんが、そうはいきませんでした。ここのところ、心も体も休んでいないと振り返ります。近々、思い切って休暇を取りたいです。

また、やりたいことが多過ぎるのも原因かなと思っています。あれも、これも、それも、と手を付けて行くと、キャパオーバーになるのですね。できていない自分に情けなくなってしまいますし。そうすると、張っていた気が萎んで行き、体調だって悪くなるのです。自分の体調くらいは、自分が一番良く知っていないといけませんね。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。今夜は早目に床につきたいです。

2013年5月6日月曜日

同級生との再会

GWが終了。何にしても区切りは大切で、明日からは気持ちを入れ替えたいところでもあります。今年は天候に恵まれたので、ありがたかったですね。

そのGW期間中に、高校時代の同級生にあいました。何と20年ぶり。懐かしくもあり、照れくさくもありました。僕はイベント主催者側で、友達はイベント出展者側でした。話したいことはたくさんあったけれど、話さなくてもわかることもたくさんあると感じました。表情、やっていること、服装など、再会の喜びに言葉なんかいらなかったのです。

今度、一緒に珈琲でも飲みに行こうと、握手できたことは、今後の励みになりそうです。自分の頑張り度というのは、自分で評価できないものだなあと思います。久し振りにあった同級生にしろ、周りの人が評価することなんですね。おまえは頑張っている、と言われれば、ああそうなんだ、と胸を撫で下ろすのでした。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。それでも、もっと頑張らなければと思うのです。GWはお疲れ様でした。

こどもの日に反省

20歳が大人の仲間入りとするのならば、19歳までが子供です。人生は、男性で約70歳くらいとするのならば、子供の期間と言うのは随分と短いものですよね。だからなのか、子供目線は案外わかっていないと思うのです。

例えば、小学生の子供が風景の絵を描いているところへ、大人がすぐ目の前でたむろし始めます。大人の権利を行使して、立ち話を始めます。その絵を描いている子供にとっては、急にきた大人にびっくりのはずです。でも、大人は気づきません。子供が見えていないのです。おかまいなしに話し続けます。

そんな場面をたまたま目撃しました。子供は、口を一文字にして、すねることなく、お母さんに泣きつくことなく、じっと我慢していました。延々と大人が居座るので、その子は片付けを始めたのです。大人って、バカだなと思いました。どうして子供が絵を描いていることに気づかないのか。大人だからいいのか、といえば違うはずです。見かねたお母さんは、一緒に片付けを始めました。ちらっとバカな大人に視線を送っていました。子供が絵を描いているからどいてよ、と言えない自分は大バカですね。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。子供目線に合わせるのではなくて、子供と一緒の方向を見ることが大切ですね。今日はこどもの日です。

2013年5月5日日曜日

飲ミニケーションの作法

飲ミニケーションは見極めが大事だなと、つくづく思いました。GWということもあり、久し振りの再会がてらの飲む機会があると思います。懐かしい話に花が咲き、ついついお酒の量が増えてしまうものですよね。そうすると、酔っぱらってしまい、とてもいい気分になります。

でも、そこが問題で、全然話が合わなくなったり、何を言っているのだかわからなくなります。せっかくの再会でも、記憶がなくなってしまうとさみしいです。もう少し後で話そうかなと思っていた人が、べろんべろんに酔っぱらってしまうと、もう手遅れです。何を話しかけても、かみ合って来ないです。話も一向に盛り上がりません。飲め、飲め、という流れになってしまいます。

いつの時代も、お酒はほどほどに、ということでしょう。お酒が入って、饒舌が良くなるくらいが丁度いいのだと思います。飲食店が飲み過ぎ注意を勧告する、そうあってしかるべきだとも思います。残ったドリンクの後片付けほど、後味が悪いものはないのです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。食べ物を残すことも、もっと嫌です。食べられることに、もっとありがたみを持つべきですよね。

2013年5月4日土曜日

GW中のトラブル

大型連休に入りました。遊ぶぞー、という人も入れば、仕事だー、という人もいますよね。僕は半分半分で、今日は大学時代の同窓会があって、名古屋へ出掛けました。誰もがうふうふとにこやかな表情で楽しそうです。何だか毎日がこうあるといいな、と思う雰囲気があるんですよねー。高揚感とでも言うのでしょうか。

でも、トラブルはあるものです。GWだからこそのトラブルでしょうか。電車で人身事故があり、ダイヤの乱れがあったのです。大事に至っていなければ良いけれど、相当な遅れを見る限り、あまりいい結果が望めません。浮き足立ってしまうからこそ、ちょっとした不注意などで思わぬトラブルに巻き込まれてしまうのだと感じます。

さらに、高速道路では緊急車両がサイレンを鳴らしながら走っていました。GWだからこそ、ちょっと出掛けるために久し振りに運転をする人は、いつも以上に慎重であって欲しいですね。楽しい雰囲気を壊してしまうのは、何だか寂しいです。気を付けて出掛けましょー。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。出掛ける人に、気を付けて、と声をかけるだけで、ぐっと事故が防げるようです。ふと忘れかけていたことを、やってみるのも良さそうです。

2013年5月2日木曜日

贔屓の喫茶店の閉店

息を飲みました。クルマの運転をしていて、一宮市内の本町商店街に通りかかりました。いつも混む信号交差点で、案の定のろのろ運転となり、赤信号で停車。ふと横を見ると、贔屓にしている喫茶店の姿が見当たりません。あれ、今日は休みかなと思いました。GWですしね。でも、よく見ると、どこかの賃貸業者の看板が、堅く閉じられたシャッターに掲げてあったのです。閉店。

とても、とても残念です。そして、驚きました。思わずひとりで、うそー、と叫んでしまったものです。ランチがおいしい喫茶店で、味よし、値段よし、サービスよしの素晴らしい店です。ご年配のマスターも気さくで、最初に行った時にファンになり、本町商店街でランチを食べるときは、よく利用していました。それなのに、閉店。

けっこう繁盛していたと振り返ります。気になるのは、あのマスターがしばらく姿を見せなかったので、体調でも崩されたのかなと思っています。もしかして、そのマスターにもしものことがあって、その意志を継ぐことなく閉店という道になったのかな。材料の高騰が原因かなとも感じます。大量仕入れの大手にとっては、都合のいい時代になっていますが、個人商店はそうも言ってられません。時代の行く末は、それじゃあいけないと思います。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。じわりじわりと音も立てずに、何かが迫っているのではないか。そう思います。

刈り取った草の処理

2日続けての強風。さすがにやる気を損ねますが、そうは言ってられません。明日からGWに突入して、作業ができなくなるからです。今日で、さらに目星を付けておきたかったので、自分で自分のお尻を叩くのでした。

刈り取った草が、積み上げられています。その山は、ひとつではなくて、あっちにひとつ、こっちにひとつ、という感じでそこら中にあります。さて、どう処理していこうか。両親いわく、穴を掘って埋めて行けば良い、とのこと。なるほど、それは良さそうです。野焼きするのは危険だし、クルマに積んで運び出すのは手間がかかるし、というわけで穴堀も作業に追加しました。

その穴をどこに掘るかも問題です。当然、限られた敷地はありますが、どの辺りに、どれくらいの大きさで作っていくべきか。まだ先の話なのでじっくり考えれば良いのですが、ひとつ思い当たりました。北風が冷たく吹くことが多いので、その風を防いでくれるように、畑の北側に掘った方がよさそうです。うん。

GW期間中に、草木がうまいこと枯れて欲しいです。作業がぐっと楽になりますから。

太い根っこを掘り返したら、何と芋が出てきました。いったい何年前の代物なのだろう。

2013年5月1日水曜日

衣替えシーズン

クールビズファッッションが今年は早目に登場するようで、衣替えの様相です。この時期に着るものは、けっこう迷いますよね。暖かいので薄着でも良いかなあと思うのだけれど、以外に寒かったりします。夕方からはぐっと冷え込みます。かといって、厚着してしまうと、周りに薄着が多くなっているので浮いた存在になってしまうものです。体調管理を考えて、厚着が良いと僕は決めています。

タンスにしまってある服を引っ張り出して、衣替えの準備をそろそろ始めています。ずいぶんと量があるけれど、着なくなったものが多いことに気づきます。どうして着なくなったのだろうか。手に入れた当時は、気に入っていたはずだけれど、気持ちの移り変わりなんでしょうか。一度着なくなった服を、再び着ることは滅多にないと思うのです。だから、リサイクルショプが流行るのですね。

着ない服、着れなくなった服を、いつまでもタンスにしまっておいても、もったいない。リサイクルショップに売ったり(売れないかもしれませんが)、フリーマーケットに出したりして、新しい服を揃えたいですね。理にかなったことだと感じます。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。服は破れるまで着る、というのが僕のベーシックです。

トゲに注意

強風の中、畑プロジェクトを三日ぶりに進めることができました。雨が降った翌日は、たいがい風が強く吹き荒れますよね。いつもなら一汗かくところですが、今日はさすがに体が冷え込みました。体調管理には注意したいです。

草刈り機で一通り、刈り易いところ作業を進めたので、ゴールが見えてきました。けれど、ちょっと手強い木が残っているので、ここからがさらに大変そうです。草刈り機も刃が立たずに、ガッととまってしまうことが多々あります。そうすると、一旦作業が止まってしまうので時間ロスなんです。そして、早く終わらせたい一心でやっているので、気が焦ってしますのです。

根っこがしっかりはっている奴には、スコップで掘り起こす作業も始めました。これがきつい。掘っても掘っても、びくともしないくらい根がしっかりと張っているのです。ものすごい生命力です。この作業も時間だけが過ぎて行き、なかなかはかどりません。今日は焦るばかりで、いやに疲労しました。

それでも、畑プロジェクトは進んでいます。当初に比べると、だいぶ畑らしくなってきました。明日も頑張りたいです。

木の枝には、トゲがたくさん。注意深く作業していても、掴んでしまいます。