2013年4月30日火曜日

GWのクルマ渋滞

気づけば、今日で4月も終わりです。毎月思うのが、はて今月は何をやって来たのやらとね、思うわけなんです。確かに何かやってきたわけですが、うる覚えが多いですね。ブログをほぼ毎日書いているので、その辺りはいつでも振り返ることができるので救われています。ちなみに今月に誕生日を迎えられました。祝ってくださった皆様、サンキューです。

さて、GW狭間。いかがお過ごしでしょうか。この時期の風物詩と言えば、渋滞。マスコミはこぞって渋滞の長さを競うように報道します。長ければいいというものでは決してないんですけどね。高速道路が込んでいるのなら、一般道を走れば良いと思いますが、そっちも混雑という有様です。この時期は、日本にクルマが溢れるのです。人の移動が多くなるんですよねー。

渋滞を減らすには、クルマを減らせば話が早いのですが、企業の反発を招くだけです。では、道路を広くしたり増やせば良いのでは。これは逆に、利便性が高まり、クルマの稼働率を上げるだけです。ますます渋滞が増えるだけだと思うのです。どうするか。運転技術の向上なんてどうでしょう。一定の車間距離で、一定の速度で走ることが効果的だと感じます。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。渋滞中にイライラしないことも、渋滞緩和につながりそうです。そういえば、休日分散化はどうなったんだろう。

雨の日はじっと待つ

午前中にずーと雨が降ったため、今日の畑作業は中止しました。やる気満々だっただけに、余計に疲労感が増してしまいます。午後には雨があがったので、できなくもないかなと思ったけれど、当然ぬかるんでいるはずです。いつもにも増して汚れて帰ることになってしまうので辞めておきました。

ほぼすべての葉を刈り落としてあるので、雨による水分補給で、ますます草木が元気になることはないでしょう。水はけが悪そうな土地なので、そこは心配です。明日の夕方には、畑プロジェクトをすすめていきたいです。

GWに入っていますが、農業にとっては田植えのシーズンでもあり、種蒔きのシーズンでもあります。休日を考慮するのではなくて、天候を考慮するのが、農業ですね。

2013年4月29日月曜日

新緑の京都へ

新緑豊かな京都へ行く機会に恵まれました。日中はとても陽気な日差しのもと、楽しみながら散策ができました。海外からの観光客が多かったですね。さすが京都。もはや国際的な魅力に溢れている街と言うことです。

京都にある物全ていちいちかっこいいし、風情があるし、溜息が漏れる美しさです。無造作においてある岩にしても、どこか意図めいた置き方がしてあるし、木の生え方だってアーティスティックですよね。自然人京都の粋が融合していると言えそうです。

銀閣寺と南禅寺を主に見て回りました。銀閣寺はとても静かな力強さがあり、黙って俺に付いてこいタイプです。順路通りにすすんでいくと、ちょっとした山に登って行くんですが、そこからの景色がいいですね。さらに南禅寺の門からの眺めもまた格別。その当時の市民は何を思い、眼下の景色を眺めていたのかな。そんなことを思うだけで、京都に来た甲斐があったと思うのです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。どんな形でも良いから、京都を持って帰ってきたいものです。京都のおもてなしを身につけるのも良いし、庭園を造ってみるのも良さそうです。

刈り取った草木の処分場所

祝日の今日は、畑に行くことができませんでした。ふと悩んでしまっているのが、刈り取った草をどうやって処分していこうかということです。枯れてしまうから良いとしても、その置き場所に悩んでいます。

どこかに集めておきたいところですが、どうにも量が多そうですし、その場所も悩みます。二カ所くらいに分けて置くのが良いのかなと思っていますが、穴を掘ってそこに埋めるのがいいらしいです。うーむ、なるほど。

じゃあ、穴をどの辺りに掘るのかが、今後の悩みのタネになりそうです。たとえ枯れた草木でも、場所をとるから大変です。いっそ火で燃やしてしまいたいけれど、これが危険。ほぼ枯れているので、一気に火が回ってしまうんですよね。

畑プロジェクト。来週が大詰めです。

TPPはどうなの

NHKスペシャルを観ました。テーマは、TPP。わからないことが多いですね。日本が交渉の舞台に立ったことは後戻りできないと言うことであり、後発組の参加です。後だしじゃんけんだなと感じていて、それが交渉力にどう影響されるのかまではわかりません。

農業や労働、投資などの21分野を11カ国で話し合います。それぞれの分野のエキスパートが交渉に立ち会うようで、その人たちに託すしかないと言うことですね。世論がグローバル展開に対してどこまで伝わるのか。これからの生活や人生に、大きく影響が出るのは必至です。さて、どう対応して行くべきかな。

とかく世界だ、グローバルだ、という時代です。海外ではTPPの研究に、随分前から取り組んでいるなと感じました。日本はどうなんだろう。交渉に参加するかしないかで揉めていた期間が長かったようだし、揉めていたと言うことは研究不足だったのでは、と勘ぐります。

TPPが取り出される度に、震災からの復興が遠のくような気がします。今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。時代はどんどん新しくなっているなあ。

2013年4月28日日曜日

水分補給は欠かせません

今日の畑プロジェクトは、午後2時から取り組みました。抜群にいい陽気だったので、遊びたい、本を読みたいの気持ちがもりもりと膨れ上がっていたけれど、ぐっと我慢しての草刈り作業です。早くいい畑にしたい一心で、その作業に集中できているので、頑張りたいです。

草刈り作業の際は、とうぜん全身フル装備です。長靴、長ズボン(タイツもはいています)、長袖シャツ、軍手、首にタオルを巻いて、ヘアバンド、そしてマスク。刺のある草が生い茂っているので怪我防止のために厚着しています。それでも、擦り傷があるんですから、草刈りも大変です。

一時間くらいしたら、ちょっと休憩の繰り返しです。汗をかくし、腕も疲れます。水分補給をこまめにとらないと、体だってもちません。ひとりでやっているので、倒れたらしゃれになりませんし。その時に飲むお茶が、うまい。ほんとうにうまい。労働の対価として、もっとも原始的だなと思うのです。

ようやく土が見えて来た部分もあります。着実に進んでいる実感があると、やりがいもさらに高まります。どんな野菜を作って行くか、考えるだけでも楽しいですね。

こまめな水分補給が作業効率を高めます。


2013年4月26日金曜日

吉野家の牛丼280円

吉野家の牛丼をランチで食べました。並盛が280円。デフレ脱却を目指す日銀や政府に反するように、値下げした吉野家。素晴らしい企業努力だと感じます。国民食まで辿り着いた結果でしょうね。

そんな吉野家の頑張りに呼応するように、ランチタイムは繁盛されていました。誰もがおいしそうにほおばっていました。だいたいの方が、丼ものに汁やサラダを付けているので、合計としては500円くらいです。僕もとん汁とサラダを付けたので500円でした。これが狙いです。それでもやすいなあ。

ひとり暮らしのときは、ほんとうによくお世話になりました。自分へのご褒美で大盛りを頼んだ日を思い出します。時が流れても、吉野家の味は変わらないです。もしかしたら吉野家のような企業努力は、物価上昇施策やTPP交渉によって大きく影響されそうです。消費税還元セールの文言に至ってもそうですよね。税込み表示の規制の際の騒動と似ています。

有事に強い吉野家。これからも並盛のファンでいたいと思うのです。今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。ご飯を食べているときは幸せです。

草刈りを順調に進める

今日はとても変な天気でした。晴れ間が続いていたのに、突然雨雲が流れて来て大雨を降らし、やんだなと思ったら、また降ってくる始末です。さて、畑プロジェクトの草刈りはどうしようかなと思案した次第です。今日休むと、三日連続になっちゃうから、やりました。空を見上げたら、まあ大丈夫だろうと思ったのですね。

進め方を変えました。端からきれいに刈って行こうとしても、なかなか進捗が感じられないので、葉の部分だけをとにかく刈って行きました。草の量をどんどん減らして行ったのです。根っこの方から刈ろうとすると、どうしても太いのがあったりして、刃が絡まっちゃうのです。そのため、上の葉の部分ならば細いので、まずそのような事態になりませんから。

そして、葉を刈り落とすことで、枯れ易くなると思ったのです。草木は葉から栄養を吸い込みますよね。学校で習ったことが、ここで活かされました。終わってみれば8割くらいの上部の刈り込みができました。やった感は、今までの最高です。次回は日曜日の予定です。

自分で野菜を作ってみよう、という気持ちから始めた畑プロジェクト。まだまだ始まったばかりです。

草木が背の高さまで生い茂っています。見ただけで気負いします。

上部の細い部分だけでも刈り込むと、達成感が出てきます。

2013年4月25日木曜日

ウォシュレットは是か否か

トイレの話をします。実家のトイレには、ウォシュレットが付いています。でも、ほとんど使っていません。いや、おしりを拭いていない、と言っているのではありません。トイレットペーパーでお尻を拭くだけで、水洗いをしないということです。両親もそっち派です。

優れた機能があるのに、使っていないことって良くあると思うのです。クルマのカーナビ、テレビのdボタン、パソコンのショートカット機能などなど、いくつも上げられそうですよね。知らなかったから使っていないことが大半のはずですが、ウォシュレットに関しては、当初使っていました。水で洗い、その後に紙でも拭いていたのです。でも、使わなくなったということは、自分には合わなかったのかもしれません。

さっきのトイレで、久し振りにウォシュレットを使ったために、ふと何故使わなくなっていたのかと考えたのでした。便利な世の中になっていますが、知らないことの方が多そうです。そして、便利と思っていても、使わなくなってしまうものなんですね。

省エネを突き詰めて行けば、ウォシュレットは無くなる運命にあるのでしょうか。時速180キロも出す必要がないのに、180キロまでスピードメーターがある発想はやめて欲しいですね。今日も僕のブログにお越しいただきありとうございます。

足踏み状態が続く

2日連続で、畑プロジェクトがまったく進みませんでした。昨日は、一日中において雨が降っていたから仕方がないとしても、今日に至っては仕事です。早朝から夜8時までみっちりと予定が入っていたため、畑に行ける時間すらありませんでした。ふむ。

本業の仕事をやりながらの、畑の草刈りは相当な力量が必要です。何日かに分けてやるのが良さそうで、間隔が空いてしまうと鈍ってくるものもありそうです。おしりだけは5月末日と決めているので、何もできなかった日も考慮して、畑プロジェクトを進めて行きたいと思っています。

野菜は自分で作る、をモットーに頑張って行きたいですね。

2013年4月24日水曜日

雨天日の休息

畑プロジェクトは、雨天のため中止。ちょっとの雨ならば、やるべきかどうかと考えますが、大雨だったので即中止を決定しました。これが恵みの雨となれば良いのですが、早く草刈りを進めて行きたいため、そうはうまくいきません。予定が一日遅れてしまったのです。

といって、4日目には、倍以上のスピードでやらねばと思うのですが、無理です。まだまだ体がついていけません。予備日を多めに見積もっておいて、畑プロジェクトを進めて行くしかないのです。

野菜づくりは、天候と一心同体。天気予報は絶えずチェックが必要です。

鳥インフルエンザの影響

鳥インフルエンザが海を渡った、というニュースが盛んです。おっかないですね。中国から台湾に渡り、その感染力が証明されたということです。殺傷能力のある病原体。経済発展を求めて中国に人が渡っているので、何とか未然に防いで欲しいものです。もちろん、そもそもの原因究明が待ち焦がれます。

世界的に過去を振り返ってみても、いろいろな病原菌があげられます。視界情報は大きな役割を占めるので、目に見えない細菌は脅威に感じます。何も悪さをすることなく、知らなければいいものですが、著しい害を及ぼすとなると話は別次元です。ミトコンドリアのような、いい細菌だけだといいのですがね。

鳥インフルエンザは、再び取り出されたはずですが、前回はどうやって収束したのか思い出せません。鳥を始末してしまって、はい大丈夫だったのかな。どうも政治の圧力も感じられなくもありませんが、実は収束なんかしていなかったとも考えられないか…。

中国産の食べ物は気を付けたいです。けれど、対処の手段が乏しいです。安定供給のために大手企業は中国から食品を輸入しています。ここは、食料自給率をあげたいと願いたくもなります。でも、そんな話が出て来ないのは何故だろうか。今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。

2013年4月23日火曜日

アマゾンで本を買う

アマゾンで買い物しました。すごいですね。ネット注文した翌日に、欲しい商品が手元に届くんですから。岐阜県多治見市に配送センターができたこともあり、物流が強化された結果です。アマゾンの商売だと、システムの整備とスムーズな物流がポイントですよね。僕たち消費者の期待通りに構築しているので、ますますファンになります。

アマゾンでは主に本を買います。アマゾンポイントをもらった場合に限り、使わないともったいないのでアマゾンを閲覧する現状です。本はやっぱり本屋で買いたいです。買う前には、手に持って、パラパラと中を見ながら確かめたいですから。本屋の空気も好きで、何だか自分が知的になった錯覚に陥るものです。

近所の本屋では、ポイントを発行してくれるので貯める楽しみだってあります。今だと、2,000ポイントくらいありそうです。また、ブックオフも好きでしょっちゅう行きます。まさに掘り出し物を探すのが面白い。たまに冒険して、読んだことのない作家の本を手に取るのも刺激的です。

どこで買うのかの選択肢が多い時代。消費者にとってはありがたいです。物価が上がって来ていますが、本の値段は上がるのかな。気になります。今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。いきつけの中華店は、値上げしました。

全体の5分の1が終了

畑プロジェクト3日目。仕事終わりの夕方からの作業は、正直しんどいものです。でも、誰かがやらなくてはいけないことなんですよねー。だから、今日も畑へ向かうのでした。もちろん、無理は禁物です。

新たに強力な助けとなる農具を持参しました。名前は良く知りませんが、刈り取った草木をすくいあげて一カ所に集めるのに重宝します。名前は何と言うのでしょう。牧場で牛や馬に藁を与えるのに活躍している物です。

電動草刈り機も、少しですが使い方に慣れて、ずいぶんと刈り取った草木が出てきました。それらをその農具でサクサクとすくいあげて運ぶことができました。どうでしょう。全体の5分の1は終わったかな。といっても、根っこはがっしりと土の中に埋まっています。

次回は、背丈のある草をどんどん刈って、見通しをよくしたいです。何でもそうですが、前に進んでいると実感できてこそ、作業がはかどると思うのです。

けっこう年季の入った農具。名前がわからない…



2013年4月22日月曜日

LINEをはじめました

最近、LINEを始めました。周りにいろいろ聞いてみると、けっこう使っていません。使いこなせていないという方が当てはまりそうです。ただ、20代のナウでヤングな子はヘビーユーザーだと豪語していました。その辺の世代に合っていそうですね。僕たち30代後半は、フェイスブックかツイッターでしょうか。

LINEはまったく知名度がない頃に、雑誌「アエラ」でその戦略を読みました。無料通話がとっても魅力的に映ったことを覚えています。たった1年ほどでこの快進撃ですから、ネットの世界のスピードに驚くべきですし、そのビジネルモデルが優れてている証拠でしょう。利益がないと、雑誌に書いてあったんですもん。

で、いざ使ってみると面白いのです。直感的にサクサクとメッセージが送れて、コミュニケーションがとれます。スタンプ機能が一番のお気に入りで、あの表情がいいんですよねー。何のことだかわからない方は、お試しあれ。ゲームやカメラなど、他の機能も揃っていますが、まあ使わないでしょう。その辺は、若い子と違う点だと思うのです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。現在、LINEはひとりの子としかやりとりしていません。その他は全てブロック。もちろんその子から、LINEの楽しさを教えてもらったのです。

電動草刈り機の登場

暖かくなったり、冷え込んだり、畑プロジェクトは天候を肌で感じられる大自然が相手です。自分の存在がちっぽけだと感じます。周りの水田は、稲作の準備で土をトラクターで起しています。もうすぐ田植えの時期です。

ついに電動草刈り機が登場しました。作業の効率化をパワー化を図るための導入です。最初、エンジンがうまくかかりませんでしたが、何度目かにしてうまく始動。エンジン全開で円形の刃が回りに回ります。けっこうな重たさが、肩に下げたベルトから伝わってきます。

おっかなびっくりやってはみるものの、電動草刈り機の扱いは難しいです。草がからまり刃がとまるし、きちんとグリップをもって力加減をいれないとブラブラするのです。かたい木にあたると根比べなんです。鳥肌が立ちそうな、グワーンという音は慣れが必要そうです。

電動草刈り機のおかげで、2日目はだいぶ草木を刈ることができました。一気にスピードアップです。予定では30日間で草木を刈り終えたいです。

小さいけれど大きな仕事をする電動草刈り機。

万能鍬が折れる

風が吹き荒れる中、畑プロジェクトをすすめるべきかどうかいきなり悩みました。けれど、天候が優れないからといって中止していては、この先どうなることかと思い、とにかく現場へ赴いたのです。

初回は、下見がてら少しだけやろうと思ったので、持ち物はいたって少量。備中鍬と万能鍬を揃えたのみ。電動草刈り機は次回からの登場です。クルマに乗せてビューンと行きたいところですが、移動時間を計りたいため、自転車の荷台に括り付けての出発。畦道を走るときは、だいぶガタガタしましたが、落ちることなく運べました。自転車で約10分。現場は、近い方です。

途方もくれそうな草畑も、二回目となると、若干見慣れてしまいます。そのため、臆することなく、さっそく農具で掘り起こすのでした。が、なかなかはかどりません。草ばかりだと良いのだけれど、木が多いのです。細い木が元気いっぱい伸びているんです。こいつらは、根が尋常にながーい。引っ張り出せないくらいにながーいのです。とにかく、前に進むために、掘り起こせない根っこはそのままに、茎でばっさり切ります。

手強い草木が多かったため、万能鍬は、柄の部分でぽっきりと折れてしまいました。じいちゃんの代から使っていた歴史の品がだいなしです。ごめんなさい。結局、時間だけが過ぎていき、ほんの少しだけ作業が進んで行きました。先は長い。

柄の部分で折れてしまった万能鍬。すぐ横は、引き抜いた草木です。

ジャングルを開拓

長い間、ほったらかしにしてあった畑を開拓することになりました。いざ、場所を聞いて行ってみるものの、最初はよくわかりませんでした。水田が広がる中ほどに、島畑があったので、たぶんここだろうと目星を付けたのです。

ただ、でたらめに大きな木が何本も生えています…。いちおう、家で確認してみたところ、どうやらその木が生えているところと確定されました。境界線もよくわからない畑には、一面に1メートルほどの草が(小さな木にも見えます)景気よく溢れています。

さて、土が見えるのに、一体何日掛かるのやら。とにかく、畑プロジェクトの始動です。ひとりで鉄腕ダッシュをやっているようなものです。

大きな木とうっそうとしげる草。開拓のやりがいはありますが…。

2013年4月21日日曜日

お祭りのゴミ

お祭りを見るのが好きで、今日も強風の中、出掛けました。やっぱりいいですよね。縁日で出店が連なり、子供たちがガヤガヤと騒ぎながら品定めをしている姿はほのぼのします。ただ肩を揃えて歩くだけでも楽しめますよね。

お祭りに限ったことではありませんが、イベント会場にはゴミが落ちているものです。割り箸やパッケージが落ちていたり、風で飛ばされて来たゴミもあります。往来する人々は、そのゴミを見ますが、誰も拾わないです。誰かが拾うだろうと勝手に思うかもしれないし、ゴミを見て見ぬ振りをするのかもしれません。

ゴミ箱を設けていないお祭りが多いので、それを知ってのゴミの放置なのかも。ゴミをどうしたら片付けられるのか。例えば、拾ったゴミを持って来てくれると、出店で使えるクーポン券をあげるとかどうでしょう。または、ゴミを拾ってくれてありがとう、と声をかけるだけでもいいのかもね。

お祭りを継続していくために、そういった取り組みも必要かもと思うのです。今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。結局、お祭りは裏方の活躍で成り立っているのです。

あしなが育英会に寄付

「あしなが育英会」に寄付しました。ほんのわずかな金額ですが、寄付してよかったと思うのです。震災遺児のために「あしなが育英会」は施設の建設を進めていたそうです。ところが、アベノミクスによって建築費が高騰してしまい計画が頓挫。その費用を工面するために、寄付を呼びかけているそうです。アベノミクスは、弱者を救済していないんですよね。

寄付するときは、恥ずかしながら損得勘定が頭をよぎりました。まあ、悶々と考えましたが、そんなことで迷っている自分が恥ずかしくなり、気持ちよく寄付ができました。いいことなんですから。でも、無関心な人も当然多く、日本の寄付文化はまだまだと感じます。

募金箱を持って街頭に立つ学生さんは、究極の営業マンです。道行く人に、いきなり寄付を募るんですから。たまに行商で和菓子などを売っている人もいますが、この人にお金を払おうとは中々思いません。この違いはどうしてかなと考えると、寄付を募っている学生は、世のため人のために動いているんですよね。そこが僕の心をわしづかみにしたのだと感じます。

寒空のもと、街頭に立ち続ける学生さんたちに頭が下がります。今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。震災遺児のための施設が完成するといいですね。

2013年4月19日金曜日

畑プロジェクト

しばらく放置してあった畑があります。はつらつ農業塾で勉強も始めたことだし、時間を作ってちょとづつ自分で野菜を育ててみようと思っています。で、まずは草むしりから。今日は晴れてはいるのだけれど、でら強風。足を踏ん張っていないと飛ばされそうなくらいの風が吹き荒れていました。周りが田んぼや畑だから、風がもろにぶつかってくるんですよねー。ふうー。

農機具をもって、いざ畑へくり出し、多いに格闘しました。草というよりも、木が畑に生えていて、それを細い農機具で切り倒していくような感覚です。もうね、へろへろでした。根っこがすごいのです。これはどこまで続いているのだというくらいに、深く長いんですから。午前中の約2時間もよいしょよいしょとやりました。その作業面積は、およさ一平方メートル。畑全体の面積は、約二百平方メートルです。随分と長い時間が掛かりそうです。気合い入れてやっていくしかありません。

始まったばかりの畑プロジェクト。鉄腕ダッシュの小さい版みたいです。草をきれいにかりとって、土をならし、柵を作って、畝を作り、種を蒔いていきたいです。楽しみですね。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。あまりに手強い草木だったので、農機具が柄から折れてしまいました。今度は、電動草刈り機をもって畑へ行きます。

2013年4月18日木曜日

地元の小学校へ行く

春本番の暖かさで、多少の汗をかいての一日となりました。動き易い季節ですね。今日は、一宮市内の小学校を回る用事がありました。自分の母校にも行ったので、とってもワクワクしたものです。

職員室へ伺うのも何とも久し振りで、子供の頃に感じていた妙な緊張感が出てきました。先生方は、子供相手の仕事のためか誰もが笑顔なんです。たまに不審者がられて厳しい視線を向けてくる先生もいらっしゃいますが、まあ当然でしょう。校長先生が御礼の言葉をくださった小学校もあったので、うれしかったです。

ひとつ気になったのが校舎の老朽化です。鉄筋コンクリートの建物ばかりですが、あちらこちらに亀裂や塗装のはげた所が見えたのです。木造校舎から鉄筋校舎へ切り替えられたのが、およそ30年ほど前のことだと思います。随分と時間は過ぎています。もう20年もすると、本格的な補強工事が必要になりそうです。東海道新幹線が開業50年を迎えて、大規模な補強工事をやっているとニュースで見ました。新しいものを作り時代じゃないのです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。校庭で絵を描いている授業をみたんです。給食だから教室に戻るよーという声が響きました。それを聞いて一瞬、子供の頃に戻れて幸せでした。

自動車免許の更新

自動車免許の更新に行ってきました。早いもので、クルマに乗り始めてから、かれこれ20年が過ぎようとしています。この間に、いくつもの事故もあり、とても大変でした。そう言ったことを踏まえながら、今回でゴールド免許となります。

毎回、更新の時に誰もが感じるのは、写真写りが悪いということでしょう。被写体がどうも今一と言われればそれまでなんですが、さしてぱっとしない表情で映ってしまうものです。僕の場合、ずいぶんと老け込んだ顔となっています。まあ、自分の顔なんだから、写真写りの責任は全て自分にあるのだと思っています。ただせめて、笑顔をゆるしてほしいいな。笑っちゃいけない写真撮影はしんどいです。

そして、今回の更新から、免許証にICチップが入ることになりました。そのため、お尻のポケットに財布と一緒に免許証を入れないで欲しいと言われました。それは無理。だって、財布を入れるところはお尻のポケットが最適だし、免許証は財布に入れるでしょ。何とも扱いづらくなったものです。講習内容も一考ですよね。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。新しい免許証と、良い関係を結びたいですね。

2013年4月16日火曜日

ボストンでのテロ事件

ボストンマラソンで爆弾テロ時間が発生しました。ちょうど昼ご飯を食べている時に、ふとテレビを見上げたら、マラソンランナーの後ろで黒煙が上がっている映像でした。一瞬、何が起こっているのか理解できませんでした。恐怖というものは、徐々に、徐々に来るんですね。しばらく画面から目が離せませんでした。

犯人はわかっていません。ニューヨークへ勉強のために旅行したいと思っている最中、不安だけが募りました。それに、スポーツイベントでの悪夢。マラソン大会にエントリーしていこうと思っていたので出ばなをくじかれた思いでもあります。どうして、テロ行為というのが起こるのか。被害にあった方にとっては、どうして事件に巻き込まれないといけないのか。

自己防衛として、テロ対策はとりようがありません。一番は、外出を控えましょう、ということですよね。それは無理。日本政府のテロ対策の具体的な内容はわかっていませんが、個人ができることって一体なんでしょうか。万が一ということも考えないと行けません。隕石隊対策も必要です。老後の対策も考えないと。危機管理がものをいう人生だなと思うのです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。英語教育よりも、危機管理教育が大切と感じます。

2013年4月15日月曜日

低燃費のライフスタイル

今日の夜御飯までに胃袋へ流し込んだものは、珈琲1杯とスニッカーズひと切れです。なぜかというと、昨日、おいしいものをたくさん食べたために、朝からまだお腹が満たされていたんです。昼を過ぎてもまだまだお腹が張っていたので、特に食べずに済んだんですねー。

胃の消化が遅い、という話を女の子にしたら、燃費が良いね、と言われました。おお、そういう捉え方もあるんだととても新鮮でした。クルマと同じで燃費が悪いよりは、良い方が好まれるに決まっています。燃費が悪い輩だと、常に何かをかじっていないと行けないから大変でしょう。これからも、低燃費の生活スタイルで行きたいです。

世間一般はどうなんだろう。ダイエット思考が盛んなため、小食が多いと感じます。ただ、燃費がいいというのは、食べるものはしっかり食べて、効率よくエネルギーを使うということだから、ちょっと意味が違ってきそうです。クルマで例えるのならば、あまり燃料が入らない(あまり食べない)軽自動車で、全然走らない(全然動かない)ということかな。そんなクルマは求められていないと思うのです。しっかり食べて、しっかり遊ぶ、しっかり働く、あははと笑うことが大切なのです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。ライフスタイルにも低燃費が求められる時代になると思っています。

2013年4月14日日曜日

馬籠の魅力

陽気な日曜日、岐阜県と長野県の県境にある馬籠へ行ってきました。楽しかったですね。ご飯もうまいし。中山街道の宿場町として、充分な見応えがありました。あの景観はやはり残すべきです。あの場だけがタイムスリップしているようで、歴史情緒に溢れているのです。

なんだもかんでも新しいものが良いというわけじゃないんでしょうね。馬籠のような街並が残っているからこそ、観光として成り立っています。でも、高齢化か老朽化か、せっかくの佇まいがあるけれど、人の気配もなく扉や雨戸が閉まっているところもありました。とても残念です。けれど、何かしらの事情があってのことでしょう。地域で助け合っていって欲しいです。観光客としては、応援する必要がありそうです。

石畳、水車、立派な梁が通った家屋など、目に鮮やかでした。あそこの場所に確かに、昔の人が住んでいて歩いていたんですから、刺激的です。昔の人は何を思い、あの中山街道を歩いたのかな。そんなことを想像するだけで、ワクワクします。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。観光地へはどこへ行くかよりも、誰と行くかがポイントだと思うのです。もちろん、今日の旅は、サイコーに楽しかったのです。

緊急速報メール

緊急速報メールが作動した方が多かったのではないかと思います。今朝、淡路島あたりを震源とした地震がありました。特に大事に至らなかったのでひと安心です。ここ愛知県一宮市でも揺れました。木造の家屋だとその揺れは大きかったように感じます。

朝方の地震が来る前に、緊急速報メールが受信されて、スマホからとても大きな音が鳴り響いたのです。設定がどうなのかよくわかりませんが、とにかく夢心地から、一気に目がさめて飛び起きましたね。一体、何が起こったのかしばらくわかりませんでした。スマホを見ても寝ぼけ眼だったためか、まったく現状をつかめていませんでした。

そして、緊急速報メールがなってからすぐに、地震が起きたのです。ここでようやく、緊急速報メールの役割を理解したのでした。それじゃあ遅いですよね。反省です。地震への備えが足りなかったということです。でも、今日のこの経験が、今後に活かされますよね。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。大小含めて、ずいぶんと地震が起きているように感じます。だからといって、家でじっとしているわけにも行きません。仕事もあるし、遊びたいし、人生は続いていくのです。

2013年4月13日土曜日

とれたてのネギは甘い

今朝も畑作業しました。ご年配の皆様と一緒に、畑の世話をしていますが、まだまだ独り立ちはできそうにありませんよね。野菜を作るって大変なのです。もちろん、畑の広さにもよりますが、体力勝負な面もたぶんにありそうです。天候にだってものすごく左右されるのです。

ネギが立派に育ったので、みんなで収穫を分け合いました。ひとりの方が、その場でネギの外皮をむいて、がぶりとかじり始めたのです。えつ、と思って眺めていると、うん甘くてうまい、とおっしゃいます。ネギが甘い、というのがうまく結びつきませんでした。僕は興味本位で同じようにネギをかじってみたのです。すると、甘いのです。びっくりしました。野菜本来の味ですよね。美味。

農業を始めてみると、こういった素朴な発見があっておもしろいです。知らないことが多そうだから、やることがいっぱいです。誰か畑を世話してくれる人いないかな、と地主さんは悩まれています。こんな問題が身近にあるから、若い世代はチャンスと捉えたいですよね。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。成長戦略に農業が入っています。いったいどんな絵を描いているのか、それに乗っかるのも一計です。

2013年4月11日木曜日

小さな地震の発生

今日の夕方に、愛知県の三河沖を震源とした地震がありました。震度1で、ほとんど体感できませんでしたね。ツイッターのタイムライン上にそのニュースが流れていて知ったのです。情報の拡散は早いなあと思いながらも、やはり地震は急にやってくるものだと身がしまります。

天災は忘れた頃にやってくる、寺田寅彦のまさに教訓。不謹慎かもしれませんが、小さな地震がコツコツ起きた方が地球の地殻変動に優しいのではないでしょうか。エネルギーが貯めに貯まって大きな地震が起きてしまうよりも、小さな地震で被害を食い止められると勝手に想像しています。人の力で、どうにかできることではないので、難しいのは承知しています。

地震の予知は、科学の力に頼るしかなさそうです。虫の知らせや、類いまれない研ぎ澄まされた勘で、予知できるはずがありません。そうすると、地震が起きたときの初動が大切になってきそうです。頭を守り、倒壊の恐れがあるとこから逃げたり、冷静な判断が求められます。日頃からの訓練でしょうね。

日本の各地で、小さな地震が必ず起きている事実をまずは知っておくべきです。今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。地震、雷、火事、おやじ、という昔の格言を思い出しました。

2013年4月10日水曜日

ミサイル発射の憶測

テポドンやら、ムスダンやら、北朝鮮がミサイルを発射するのではと盛んに報道されています。今夜未明かとも言われています。国際社会からの非難の中、ミサイル発射をちらつかせる、北朝鮮の目論みはまったくわかりません。他にやることがないのかなと、と疑ってしまいます。軍事力と国益は、まったく別物として考えるべきではないでしょうか。

少し前に、韓国の島へミサイルを発射していましたよね。おっかない。自然災害とは違って、人災です。備える方法が全くわからないし、これもいつ発射されてもおかしくない、ということか。戦後生まれの僕にとっては、異次元とでも言うべき思考です。戦前の方におかれては、北朝鮮の言動をどのように見ていらっしゃるのかな。

アフリカではテロ組織が暗躍して、ヨーロッパでは経済不安がおこっています。地球規模で考えると、全世界が平和で安定するときが来るのかな。というよりも、良いこともあれば、悪いこともある、というのがしっくりきそうです。北朝鮮で起こっていることが、自分の生活に影響を与えるんだから、世界が近いということですね。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。ぐっすり寝て、明日の朝は気持ちよく迎えたいものです。

2013年4月9日火曜日

ビックボーイのランチ

ビックボーイでランチをいただきました。前から気になっていたんですよねー。最近の流行なのか、ハンバーグとステーキのファミリーレストランです。ちょっとお昼からの肉汁は、お腹にもたれるかなと思ったけれど、食欲を抑えることができませんでした。

安いですね。僕は日替わりランチのAセットを頼んだんですが、599円、とのこと。安いですな。カレー、ライス、スープが食べ放題に飲み放題です。Bセットだとさらにサラダが食べたい放題。ドリンクバーは別途なんですが、今日は付けちゃいました。ハンバーグは美味で、一気にお腹がふくれました。ライスをおかわりしようと行き込んでみたけれど、一杯で辞めておきました。胃が縮んだと感じる30代後半なのです。

おそらくビックボーイが仕入れている肉はオージー産などの海外でしょう。すると、円安傾向が強まってくると、料金設定だってあがってくるのでしょうか。もう最近はね、踊らな損的な円安株高が気になり、一体どんな世の中になるのか、生活になるのか、頭が痛いです。景気も気から、変わってくるのだと感じます。まだまだ、どうなるのかよーわからんというところでしょうか。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。ふとテレビを見てみると、食べ物を粗末にする企画がありました。こういうのを見てしまうと、景気の回復って何だろうと疑問が残ります。

2013年4月8日月曜日

ボクシングの試合観戦

山中選手、防衛をおめでとうございます。スポーツ観戦は、好きです。人の可能性がつまっていますよね。限界を超えた能力や努力、チームワークが好きです。もちろん、僕自身もスポーツで鍛えられて来たし、今でもやっています。

山中選手の試合を観ていたんですが、攻撃は最大の防御である、ということがひしひしと感じられました。山中選手の左ストレートが相手選手を捕らえて、ダウンを奪ったのです。さらにそのラウンドでもう一度ダウンを奪います。相手選手は、だいぶ足にきていたように見えました。

次のラウンドは、体力回復や呼吸を整えにくるだろうと素人は予想しますが、違っていました。ガンガン前に打ってくるんです。とてもダウンした直後の動きには見えませんでした。攻めることで、守っていたんですよね。ファイティングスピリッツというのでしょう。その甲斐もあってか、良いパンチが山中選手に当っていました。素晴らしい試合。

観客としては勝ち負けよりも、手に汗握る試合をみたいです。どっちも頑張れ、という気持ちが素敵だと思うのです。今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。そういえば、東京オリンピック誘致はどんな具合なんだろう。

2013年4月7日日曜日

落語を初鑑賞

地元の市民会館で、人生初の落語を聴く機会に恵まれました。円楽さんと小遊三さんによる二人会で、多くのご来場がありました。僕自身もそうなんですが、落語で教養を深めるというよりも、どれテレビに出ている落語家を見てみるかという感じでしょうか。前座のお弟子さんは、だいぶ緊張されていたように思います。

初めて聴く落語は、確かに圧巻です。口ひとつと、身振り手振りだけでその世界観を作り上げてしまうんですから素晴らしい。きちんと笑いもあるから楽しめます。どちらかというと円楽さんの方が落語家として、その話が楽しめました。四十分くらいを延々としゃべっているんですから、ものすごい稽古の結果だと思うのです。

話の切り替えがうまいです。ポンポンと進んでいって、違和感もなく話についていけます。そして、お二人とも歌丸さんが好きなのか、格好のネタにされていました。歌丸さんのおかげで場が一気に和んだことは間違いありません。歌丸さんは、慕われているんだなと。うん、歌丸さんのようになりたいですね。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。落語の歴史は約250年あるそうです。へえ、以外に短いなというのが感想です。それだけ、現代に認められたからなのかな。歌舞伎座も新しくなり、日本の文化芸術をもっと楽しみたいです。

奥田英朗「沈黙の町で」

まさに時代に沿った長編小説です。確かに問題作であります。作者の「オリンピックの身代金」に継いで読み応えのある一冊です。

小さな田舎町で、中学二年生が転落死しました。事件と事故、そして自殺としても警察による捜査がすすめられたけれど、多感な少年や少女相手の聞き取りによって度々滞ってしまいます。閉鎖的な教育、親のエゴ、警察の権力、マスコミの言い分など、社会は理不尽にできています。また、人の心情は謎に満ちています。少年の死は解明されるのか。

中学生という時期が、人としての成長過程の未熟さであると改めて思い返されました。同級生の顔色をうかがっていたし、自分の殻に閉じこもっていたし、そもそも自分を良く分ていなかったと記憶しています。やはり、そんな中学生を救うのは大人のはずです。

読後感は複雑です。いじめられっ子を不憫に思ったけれど、そうでもない部分も実在するのです。ひとつ言えることは、死んだらダメだということでしょう。まして将来のある子供が死んではいけないのだと思うのです。ほんと、問題作です。

2013年4月6日土曜日

散髪代4200円

昨日、髪を切りました。切ったばかりのため、どうも馴染んでいないのです。顔が何だかむくんで見えるし、セットだってうまくいきません。でも、ヘアースタイルを変えたことで、少なからず気持ちの変化が現れるので良しとしたいですね。

今時の散髪代は、4200円です。思い出す限り料金は変わっていません。今でこそ、破格の設定で髪を切ってくれるところもありますが、一般的にその4200円でしょう(カットとブロー代のみ)。ちょっと高いのかなと感じています。それよりも気になるのは、政府のインフレ目標により、この料金も上がっていくのかなということです。市場は活気づいているようですが、どうも生活コストがあがっていくようで…。

散髪も自己責任の元で、自分で切ったり、家族間で切ったりする流れが出てくるのかもしれませんね。大雑把に言ってしまえば、どうせまた伸びてくるんだから、ちゃっちゃっと切ってもいいような気もします。うまくセットでもごまかせそうですし。

政府が金をどんどん使えと訴えるほど、こつこつ節約したくなるのは僕だけでしょうか。今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。日本の未来はどうなるのかわからん。これが一番正しい見通しです。

2013年4月5日金曜日

金曜午前の畑作業

多くのところで入学式や入園式があった今日、とってもいい陽気でしたね。天気だって祝福していたかのようです。がんばってほしいな、とおじさんは影ながらに思うのです。僕自身も、気持ちを引き締め直していきたいです。

金曜日の午前中は、畑作業しています。今日だと、苗の移し替えや里芋の種植えを行ないました。もうね、すっかり夏日です。夏日のような体力の消耗具合でした。多少の汗をかいて、休憩しながら作業しないとしんどかったほどです。里芋植えでは、畝を3列作ったんですが、まあしんどい。大人6人でも3時間ほど掛かってしまいました。大きく育ってくれないと、悔しいですね。

農協さんとも手を組んで、朝市を始めています。まだまだ本格的な開催とは言い切れないけれど、盛り上がってくると良いな。地産地消のモデルケースに成長できれば素晴らしいです。夏には、実家で作っているスイカを持ち込む予定なのです。楽しみ。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。よく広告やなんかで、仕事前に畑仕事してから出勤します、という内容を見かけますが、あれはウソですね。そんなことしたら昼寝でもしないと体がもたないのです。心地よい疲れを農業はもたらすのですねー。

2013年4月4日木曜日

映画「ジャックと天空の巨人」

アイスコーヒーにするべきか、いやいやホットコーヒーにするべきか、注文にふと迷ってしまうほど、陽気ではあるけれどまだ寒いかなと思わせる季節ですよね。結局僕は、ホットコーヒーを頼みました。体が冷えてしまうのを心配したからです。

さて、映画館へ行ってきました。いつ以来かなと思い返してみると、何と1年ぶりなんです。その日は、エイプリルフールだったので、たまには普段とは違った行動をしてみようと思い立って、映画館に行ったことを思い出しました。あれから一度も映画館へ行っていなかったとは驚きです。別に忙しくもなかったんですけど。

「ドラゴンボール」を観たかったんですが、大勢の子供たちに押されてやめました。春休みですからね。なので、「ジャックと天空の巨人」にしました。ハリウッドのCGはやはりすごい。夢がありますね。そして、帰りがけにそのパンフレットを購入。また違った楽しみがあると思うのです。一生に一度は、映画を作ってみたいなあ。やりたいことがまた増えた映画鑑賞でした。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。最近、誕生日を迎えることができました。そのお祝いのために、映画館に行ってみました。自分へのご褒美といったところでしょうか。技術がどんどん進化するように、自分自身も成長できれば良いなと感じます。新しい年齢におおいに期待したいです。

2013年4月3日水曜日

街の移り変わり

春の陽気も一段落の今日。風が随分と強く吹きましたね。サラリーマン時代に通った町を、ひさしぶりに歩きました。1年ぶりくらいでしょうか。懐かしさあり、ほろ苦さあり、といった心情です。

変わってないところもあれば、変わってしまったところもあります。潰れるんじゃないかと思っていた喫茶店が案外生き残っていたし、露天のお弁当売りは繁盛されていました(ちょっと前は500円でしたが、今では300円!日本の隅々までデフレです)。おいしい料理が好きだった飲食店が無くなっていたり、コンビニができていたり、マンションが建っていたりと街が変わっていましたね。街の変わりようの指標に、コンビニができたかというのがありそうな気がします。

街は変わった方が良いと思っていましたが、別に変わらなくてもいいのかもと思います。街の発展を否定しているのではなくて、やはり変わるべきは街に住む人だなと感じます。いくら街が変わっても、そこに人がいなければただの街ですからね。変わっていく街を見て、自分ももっと成長していこうと思うことが大切です。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。人は視界から入ってくる情報に影響を受け易いです。良い方向に変わっていく街を見守るのも案外楽しいです。

2013年4月2日火曜日

中日ドラゴンズファン

球春。誰が言いだしたか知りませんが、この季節にぴったりの名言だと思っています。プロ野球が始まっています。僕は地元びいきなので、中日ドラゴンズのファンです。ファン歴は小学生からなので、ざっと三十年くらいでしょうか。スタートダッシュにつまづいていますが、まだまだこれからが楽しみです。

そのプロ野球で良い知らせと悪い知らせがありました。良い知らせはもちろん、国民栄誉賞の表彰です。長島さんと松井さんのダブル受賞。誠におめでとうございます。妥当ですよね。悪い知らせは、埼玉ライオンズの売却話(どうやら、売却ではないようですが…)。球団の存続問題では、ストライキもあったりして揺れに揺れます。地元民が黙っていないですからね。球団存続の一番いい方法で話を進めていただきたいです。

そういえば昨日、河川敷に行った時、ご年配の皆様が草野球に勤しんでいらっしゃいました。とても楽しそうで、何だか微笑ましかったです。野球がどうしてここまで愛されているのか、深く洞察していませんが、チームプレーの面白みはあると思うのです。勝てばチームで喜び、負ければチームで悔しがります。ひとりでやるよりも、やっぱり大勢でやったほうがいいのです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。ジョギングだって、ひとりよりも二人で走った方が良いタイムが出るらしいですよねー。さて、我がドラゴンズは今年こそセリーグ優勝だ!

オーダー忘れ

食べたい料理を注文して、飲みたいドリンクを注文しても、まれにそのオーダーが通っていないことがあります。間違いなく店員のミスですが、なかなかそれに対してのクレームも言いづらいものです。こちら側も、まだきていないよね、食べてしまったか、などと不安になってしまうから早めに対応していきたいです。
そして、会計時にも注意が必要となり、オーダーが通っていないのにも関わらず、しっかりと精算だけされているのでは後味が悪いです。一度に多くを注文せずに、少しづつ注文するのが良さそうです。

2013年4月1日月曜日

サイクリングコースを走る

木曽川の河川敷にサイクリングコースがあります。桜並木の撮影ついでに、ちょっと走ってみました。気分よかったですね。ちょうど風もなかったし、ポカポカと陽もあったので楽しめました。

隣接する芝生公園では、たくさんの子供たちが遊んでいましたね。平和であり、幸せそうです。春はこうでなくちゃあいけません。サイクリングコースを親子で並んで走っている姿を、目を細めて眺めるのでした。

片道5キロのコースを往復して、今年初の汗をかきました。自販機でお茶を買って、ごくりと飲めば、それはうまいのです。今度はゆっくりきて、もう少し遠くまで足を伸ばしたいですね。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。そういえば、今日はエイプリルフールでしたね。何もウソついてないけど、まあ別に良いかな。無理して嘘をつく必要もないんだしね。