2018年2月20日火曜日

ケッタが破損

この冬に使い切りたい灯油がまだ残っているので、ストーブをつけて仕事をしました。足元に電気ストーブを置くよりも、でら暖まりましたよ。今週いっぱいで灯油を使い切りたいです。

風が強く吹いた1日でした。それでも、ケッタ移動に勤しむ自分なのです。うん。100均ショップに寄った時、駐輪場にケッタを止めておいたんですが、強風に煽られてあえなく転倒。なんてこったい。ケッタに傷が付いてしまいました。

で、本屋にも寄ったんですが、そこでも強風にやられて転倒。おまけに、転倒の原因は隣のケッタのようで、覆いかぶさるように僕のケッタに当たっている始末です。とほほ。スタンドが曲がってしまいました。がーん。事務所に戻って、ハンマーで叩いて応急処置。強風の日はケッタの置き方に気をつけて行きたいです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。春はもうすぐだな。

2018年2月19日月曜日

確定申告へ

今日も元気にケッタで街中を移動しました。アップダウンが多かったため、流石に少し疲れましたが、渋滞の車の列を横目に、軽快に進んで行くことは気持ちが良かったなあ。へへ。

確定申告、済みましたか。どれくらいの人が自分で申告しているのか知りませんが、毎年、確定申告の会場は大にぎわいですね。ネット申告ができるようになりましたが、それでも自分でできない人はいます。パソコンの文字入力ができない、という人も僕が行った会場にいらっしゃいました。その人はそう言いながら、待っている間にアイパッドを触っていたなあ。なんか不思議。

もっと簡単に、スムーズに、確定申告を済ませようとするのなら、あの手引書を何とかして欲しいですね。簡単に説明しようとするほど、なんか難しくなっていないかな…。言葉遣いが難しいものもあったりします。申告する方も、わからない、知らない、という言葉が聞こえてくるから、えらいことだよなあ。自分の納税額を決めるのに、知らないことがあるんだもん。僕はようやく慣れてきた方ですよー。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。明日は色々とやることが出てきました。

2018年2月17日土曜日

常連客ばかり

さっきは雪がちらちらと降っていました。ようやく暖かくなってきたかなと思っていただけに、この雪はちょっと残念だなあ。春はもう少しだけ先のようです。

名古屋では老舗のジャズバーをのぞいてみました。一度行ってみたかったもんで、ぶらぶらと歩いて店に着くと、おお、ほぼ満員。有名な人がライブをすることもあるもんで、そりゃいっぱいだわな。だもんで、諦めて帰りました。

たぶん、店内をちょっと見回したところ、常連客ばかりのようでした。ジャズバーに限らず、店舗運営は常連客に支えられます。当然だよなあ。でもさ、今回の僕みたいに、初来店の客が行きにくし、行けないよね。いつまでたってもさ。ここで考え方が別れると思うんですが、ひとつはもう行かない、もうひとつは常連に連れて行ってもらうってことだろうね。どちらを選ぶかで、これからの人生が大きくちがってくるように感じます。ああ、もうひとつ挙げるとすると、平日の暇であろう時間帯に行くってこともあるね。これならすぐにでも実行できそうです。うん。皆さんならどうしますか?

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。明日は日曜日です。DIYデーになりそうだな。

2018年2月16日金曜日

床屋へ

寒さも和らいできました。日中は陽気な方で、春はもうすぐだなと感じます。2月も半分が過ぎているもんね。

床屋へ行ってきました。20年来も通っているところなんですが、久しぶりに行ってみると、内装がガラリと変わっていましたよー。驚きました。でら新鮮さを感じると共に、何かしらの意気込みも伝わってきましたね。うん。少しずつの変化は毎日でも必要ですし、こう行った大きな変化も計画的に必要だよなあ。

広告屋なんで、お客様を事務所に迎え入れることはほぼ無いです。だもんで、大胆に事務所内をリフレッシュするとなると、配置を変えるくらいかなあ。思い切って、路面店で仕事をしたいけれど、気軽に入ってくる人はいるかなあ。まあ、作業中に来客があると、集中できないのも問題か。うーん。どうやればリニューアルが打ち出せるのかな。ああ、そうか。ヘアースタイルを変えて、リニューアルしたのです。うん。

今日も僕のブログにお越し下さりありがとうございます。僕が髪型を変えても、お客様には何のメリットも無いか…。

2018年2月15日木曜日

資源ごみの回収日

幾分冷え込みが和らいできましたね。春に向けて、準備しなければ。気持ちの整理に適した時期だよね。今年こそこうしようと年初に思ったことが、今ぐらいの時期に姿を変えるのです。

今朝は資源ごみの回収でした。新聞紙、雑誌、ダンボールなど、我が家からは毎月出しています。街中にあるリサイクルボックスだと、自分が出したいときにいつでも出せるのでいいかもしれませんが、町内活動に参加する意味合いも込めて、毎月の回収日に出しています。

リサイクル業者が空き地に回収ボックスを置くのは、それなりに利益になるからなんですね。町内で集めた資源ごみだって、きちんと収益となり、町内活動費にあてられるのですよ。なので、減ってしまうと、それだけ町内活動に悪い影響となってしまいます。確か、ゴミ回収のシステムは、過去の東京オリンピック開催がきっかけです。世界に汚い街をさらさないために、ゴミ回収のやり方を考えたそうです。それが改善を重ねて今に繋がっているんだなあ。業者に任せればいいじゃん、という話のようにも感じますが、地域の力、住民の力でやった方が素敵だな。資源について自分のこととして考えていかないとね。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。散髪にいきたいです。